酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖全17体〗日光二荒山神社の御朱印と表玄関の神橋

今回は日光二荒山神社の御朱印をご紹介します。日光二荒山神社は摂末社の数が多く、拝殿横の御朱印所で扱っている御朱印は何と16体あります。日光山の表玄関である神橋も管轄としては二荒山神社に属しています。

日光二荒山神社の由緒

大谷川を渡って766年に日光に入った勝道上人は767年に二荒山(男体山)の神様を現在の四本龍寺の近くに祠を作って祀りました。後に少し離れた場所に社殿が建てられ、神様も移ります。そして新たにできた場所が新宮、元の場所は本宮と呼ばれます。

また大谷川を渡る神橋も二荒山神社の施設となります。

新宮が後に二荒山神社となったことから、現在の本宮神社のあたりが二荒山神社発祥の地と呼ばれるようになりました

日光二荒山神社の御朱印

御朱印所

二荒山の御朱印は神橋の渡橋券受付と本社拝殿横の御朱印所でいただけます。

受付時間10:00~16:00

初穂料300円

神橋の渡橋券受付

神橋の渡橋券受付

本社拝殿横の御朱印所

本社拝殿横の御朱印所

日光二荒山神社は摂末社の数が多く、拝殿横の御朱印所で扱っている御朱印は何と16体あります。

拝殿横の御朱印所で扱っている16体の御朱印ちなみに本社のみ直書きで、それ以外は全て書置きです。

御朱印

神橋の御朱印

神橋の御朱印

本社拝殿横で頂いた御朱印

本社と本宮神社の実際にお参りした本社と本宮神社の分だけいただきました。

日光山の表玄関である神橋

日光山の表玄関に位置するのが大谷川を渡る重要文化財の神橋(しんきょう)です。日光に来る多くの方がここから観光をスタートさせているのではないでしょうか。

大谷川を渡る重要文化財の神橋

奈良時代に勝道上人が日光に入ろうとした際に大谷川に阻まれてしまい、この地で神仏のご加護を願ったところ深沙大王が2匹の大蛇で橋を架け、それにより上人は日光入りできたという言い伝えが残っています。東照宮造営の際に橋も架け替えられ、現在のような構造となりました。

木製でありながら石の橋脚に支えられ、全体が漆塗りで高欄や飾り金具がついている大変に珍しい橋で、錦帯橋・猿橋と並び日本三大奇矯に数えられています。

神橋の鳥居

神橋の橋の上

もともとは将軍や勅使といった位の高い人しか渡れない橋でしたが、現在では渡橋料を払えば誰でも渡ることが出来ます。

日光山全体の原点である本宮神社

神橋から輪王寺の三仏堂や東照宮といった日光山の主要部とは反対方向に進むと四本龍寺や本宮神社があります。日光山全体の原点と言っても良いような場所です。

開運の石鳥居

本宮神社の開運の石鳥居左手前に立ち、一礼して左足から鳥居をくぐります。そして敷地内の「笈掛け石」に触ると運が開くと言われています。

開運石

本宮神社の開運石祈願木で開運石を三回鳴らし、左右どちらかに移動してお祈りします。右に移動すれば金運、左なら健康運です。迷わず右に動かしました。

笈掛け石

本宮神社の笈掛け石勝道上人が笈を掛けたと言われます。

本宮神社本殿(重要文化財)

f:id:minamimachida0706:20170807235642j:plain空海が建てたと言われる滝尾神社と合わせ、二荒山神社本社と本宮神社は日光三社と呼ばれています。本宮神社の御朱印は二荒山神社本社の御朱印所で頂けます。(書置き)

二荒山神社本社

上神道

二荒山神社本社の上神道三仏堂や東照宮のお参りを済ませて二荒山神社に向かいます。東照宮の表門を出てすぐ右に進む参道は「上神道」といい、二荒山神社の楼門が近づいたちょうどこのあたりが強力なパワースポットなのだそうです。

銅鳥居(重要文化財)

二荒山神社の銅鳥居ここは脇の入口にあたるため、輪王寺の常行堂と大猷院のお参りを済ませ、正面鳥居から入り直しました。

縁結びの御神木

二荒山神社の縁結びの御神木

縁結びのパワースポットとしての二荒神社を象徴する縁結びの御神木は杉に楢が宿り木しています。「杉楢いっしょに」(すきならばいっしょに)という意味だそうです。

拝殿(重要文化財)

二荒山神社の拝殿二荒山神社拝殿は1617年の東照宮造営の際にこの地に移されたもので、現在の建物はこの時のものです。

神苑

拝殿に隣接した神苑には様々な境内社が集まっています。

化け灯篭(重要文化財)

化け灯篭

夜になって火をともしてもすぐに脂が尽きて火が消える、またまわりのものが二重に見えたり灯篭そのものの形が変化したりしたことから呼び名が付きました。

化け灯篭に残る刀傷

化け灯篭に残る刀傷

警備にあたっていた武士が怪しんで刀で斬りつけたため、刀傷が残っています。

日枝神社(重要文化財)

日枝神社

御祭神は、大山咋命(おおやまくいのみこと)で、山の神様・健康の神様です。

高天原

高天原

周囲を注連縄で囲まれたこの場所は「神々が降りてくる場所」として高天原(たかまがはら)と呼ばれています。高天原神事ではここで神楽を奏します。

神輿舎(重要文化財)

神輿舎

例祭で使われる神輿三基が納められています。

大黒天(重要文化財)

大黒天

金運アップの神様である

縁結びの笹

縁結びの笹

手前の御神木は樹齢約700年、太さ約6.35m、高さ約60mの杉の巨木です。

樹齢約700年、太さ約6.35m、高さ約60mの御神木

笹の代わりに結び札に願いを書いて結び所に結びます。

笹の代わりの結び札

結び所

子授け・安産の石

子授け・安産の石

「縁結びの笹」の奥にあります。

朋友神社(重要文化財)

朋友神社

学問・知恵の神様です。

二荒霊泉

二荒霊泉の鳥居

日光の霊水です。

二荒霊泉の霊水

知恵がつき、眼病に効き、若返るとされています。こちらではお水取りができますのでペットボトルを用意しておくことをお勧めします。

二荒霊泉の銭洗い

この水で銭を洗うと福が舞い込むといわれる日光で唯一の銭洗い所が霊泉の脇にあります。

日光連山の遥拝所

日光連山の遥拝所

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホでご覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

 ※はてブのところをポチっとしていただきますと励みになります。

 

◆日光二荒神社別宮の滝尾神社の記事

www.goshuinbukuro.com

◆日光の他の寺社の記事

minamimachida0706.hatenablog.com

minamimachida0706.hatenablog.com