酒とうどんと御朱印の日々

心願成就へ向け飲んですすってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖回り方〗日光山輪王寺は6ヶ所の御朱印所で8体の御朱印を頂ける

今回は日光山輪王寺の御朱印と御朱印所をご紹介します。日光の二社一寺の中でも輪王寺のお堂はあちこちに点在しており、6ヶ所の御朱印所で8体の御朱印を頂けるので事前の情報収集は必須です。せっかく遠方から日光を訪れるのですから、後で後悔することの無いよう滞在中に押さえるべきポイントは漏れなく押さえておきたいものです。今回は日光山輪王寺でいただける御朱印と御朱印所の場所についてまとめてみました。

日光山輪王寺の歴史

いわゆる日光山中には寺社が入り乱れています。

766年に大谷川を渡った勝道上人は現在の「神橋」(しんきょう)の近くに聖地を見つけ千手観音を祀った四本龍寺(しほんりゅうじ)を建てました。これが後の輪王寺の起源となります。

平安時代になると日光には空海や天台宗の高僧である円仁らが来山します。円仁の時代に三仏堂、常行堂が創建されました。

徳川家康の側近だった天海が住職になると日光は繁栄します。日光を代表する建築物が建てられたのがこの時期です。

1655年に後水尾上皇の院宣により「輪王寺」寺号が下賜され、上皇の第三皇子である守燈法親王が天台座主と寛永寺貫主と兼務して入山しました。以後輪王寺の住持は出家した男性皇族が務めることとなり輪王寺宮と称します。

明治の神仏分離令により二社一寺に分離した結果、山中の寺院を統合して輪王寺とすることになりました。そのため輪王寺に属する建物が山中に点在するようになったのです。

6ヶ所の御朱印所で8体の御朱印を頂ける

日光山輪王寺の御朱印所(図解)

日光山輪王寺の御朱印所

神社の敷地内にあっても、鳴龍として知られる薬師堂だけは輪王寺の施設になります。寺院と神社で御朱印を分けている方は注意してください。

日光山輪王寺では6ヶ所の御朱印所で全8体の御朱印が頂けます。

※日光二社一寺で他の御朱印については別の記事をご覧ください。

受付時間10:00~16:00(黒門の御朱印所は昼休みをとっている模様)

志納金300円

「黒門」「護摩堂」「三仏堂」「四本龍寺」の御朱印右から「黒門」「護摩堂」「三仏堂」「四本龍寺」の御朱印。

「鳴龍」「常行堂」「大猷院」の御朱印右から「鳴龍」「常行堂」「大猷院」の御朱印。

「金閣殿」の御朱印「金閣殿」の御朱印(書置きのみ)

スポンサードリンク

仏像の美しさや癒しを届けるため、細部まで徹底的にこだわり迫真の臨場感を再現

三仏堂周辺

四本龍寺(重要文化財)

 神橋から輪王寺の主要部への参道とは反対方向の右手に進むと日光幼稚園の裏側にひっそりと四本龍寺が建っています。

四本龍寺火災により焼失したものを1685年に再建したもので三重塔は国の重要文化財に指定されています。

四本龍寺の御朱印は三仏堂の御朱印所で併せて頂けます。平成29年10月現在では護摩堂ではなく三仏堂の御朱印所となっていますのでご注意ください。

黒門

黒門

日光山輪王寺の表門である黒門です。皇族を門主と仰ぐ門跡寺としての格式を示しています。

御朱印所

黒門の御朱印所黒門の御朱印は隣接した御朱印所で頂けます。正午からしばらくお昼休みに入るようです。

三仏堂(重要文化財)

日光山の総本堂である三仏堂です。東日本最大の木造建築物であり、平安時代に創建され大雪により倒壊していたものを1645年に徳川家光が建替えました。現在大修理中ですが内部を拝観することはできます。

三仏堂建物を覆っている素屋根には三仏堂の実物大の絵が描かれ、また地上7階の高さに設けられた見学通路である天空回廊からは大修理の現場が見学できるだけでなく、周辺の眺望も楽しめるようになっています。

御朱印所

三仏堂の御朱印は正面の階段を上がって中に入った右手にあります。こちらで三仏堂と四本龍寺の御朱印が頂けます。ネットの記事の中では裏の護法天堂と書いているものもありましたが、平成29年10月現在ではこちらが御朱印所です。

三仏堂の御朱印所「四本龍寺の御朱印も下さい」とはっきり言わないと三仏堂だけになってしまうかもしれません。

護摩堂

護摩堂

三仏堂の裏手の建物が毎日護摩を焚き祈祷を行う護摩堂で、平成10年築という新しい建物です。

御朱印所

護摩堂の御朱印所こちらの御朱印は建物の奥の御朱印所で頂けます。

ネットの記事の中には四本龍寺の御朱印は護摩堂で頂くことになっているものが幾つかありましたが、平成29年10月現在護摩堂で四本龍寺の御朱印は扱っていません。

鳴龍と常行堂

鳴龍

配置の関係で護摩堂の次は陽明門へ向かうと思います。「鳴龍」で知られた薬師堂は神社の敷地内にありますが、輪王寺の管轄下の寺院です。神社と寺院で御朱印帳を分けている方は十分に注意してください。

「鳴龍」で知られた薬師堂龍の絵の下で拍子木を打つと龍が鳴いているような音が確かに聞こえてきました。こちらの御朱印は堂内の出口付近で頂きます。

常行堂(重要文化財)

次は二荒山神社の前を通り抜けて常行堂にお参りします。848年に創建され、現在の建物は1100年代に再建されたもので国の重要文化財です。

常行堂純和風の宝形造で隣の純唐様の法華堂と回廊で結ばれており、こういった形式は他に延暦寺にあるだけです。

御朱印は堂内で頂けます。

スポンサードリンク

仏像の美しさや癒しを届けるため、細部まで徹底的にこだわり迫真の臨場感を再現

大猷院

最後にお参りするのが徳川家光の霊廟である大猷院です。どちらかと言うと地味な建物が多かった輪王寺ですが、こちらには絢爛豪華な建物が集結しています。

仁王門(重要文化財)

仁王門

御水舎(重要文化財)

御水舎天井に龍の絵が描かれ、水面に映る姿から「水鏡の龍」と呼ばれています。

天井に描かれた龍の絵天井に描かれた龍の絵です。

夜叉門(重要文化財)

夜又門

四体の夜叉が霊廟を守っています。

唐門(重要文化財)

唐門

金閣殿(国宝)

金閣殿

大猷院の中心で、金箔が多く用いられていることから金閣殿と呼ばれています。

拝殿・相の間・本殿金閣殿は拝殿・相の間・本殿の三つの部屋が並んでおり、権現造りとなっています。

皇嘉門(重要文化財)

皇嘉門家光の霊廟へと続いています。

御朱印所

御朱印所

大猷院の御朱印は拝観券受付所で頂けます。大猷院(直書き)と金閣殿(書置き)の2種類頂けます。

スポンサードリンク

※国宝級の仏像が持つ美しさやカッコ良さをインテリアへ転換しました。 細部まで徹底的にこだわった迫真の臨場感が感動をもたらします。詳しくはコチラ☟

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホでご覧の方はPCでも見ていただけると写真がよくわかります。

 ※はてブのところをポチっとしていただけると励みになります。

◆二荒山神社の記事

www.goshuinbukuro.com

◆紅葉が見頃の日光いとは坂の記事

www.goshuinbukuro.com

◆二荒山神社の別宮である滝尾神社の記事

www.goshuinbukuro.com