酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖御朱印〗古峯神社で希望の御朱印をいただくためのコツ

今回は栃木県の古峯ヶ原高原(こぶがはら)に鎮座する古峯神社(ふるみね)の御朱印をご紹介します。

古峯神社は意外と近くにある

古峯神社は見開きで描いた天狗の御朱印を頂けるのですが、デザインが何と27通りあります。

f:id:minamimachida0706:20171115002644j:plainそれぞれ書き手が違うため、どの御朱印を頂けるのかは当日の書き手の出社状況次第ということで、何とも興味深い話です。御朱印集めをするようになってからいつかは行ってみたいと思っていました。

奥日光の山奥にあるように思われる古峯神社ですが、実は東北道の鹿沼ICから34㎞という場所に位置しています。34㎞なら車で1時間ですので「意外と近い」と感じた方もおおいのではないでしょうか。

古峯神社へのアクセス

鹿沼ICから34㎞ということですが、道中で曲がらなければならない角にはことごとく神社の巨大な看板があったので恐らく迷うことはないと思います。

f:id:minamimachida0706:20171115003225j:plain神社までまだ20㎞以上あるような場所に「古峯神社参道」という碑が建っていました。

f:id:minamimachida0706:20171115003320j:plainこのような道がひたすら走ります。何とも気持ちの良いドライブでした。

f:id:minamimachida0706:20171115003354j:plain神社まで約6㎞の場所に突如出現した「一の大鳥居」です。高さ24.622m、笠木の長さが34.24mで建設当時は日本一の大きさだったようです。

f:id:minamimachida0706:20171115003433j:plain

f:id:minamimachida0706:20171115003505j:plainこの辺りはちょうで桜が見頃となっていました。野生の猿もいましたが、写真を撮り損ねました。

古峯神社の境内

f:id:minamimachida0706:20171115003543j:plain古峯神社までは鹿沼ICから1時間少々だったと思います。

f:id:minamimachida0706:20171115003627j:plain境内に入る前に橋を渡ります。

f:id:minamimachida0706:20171115003703j:plain川が聖域との境界線のようでした。

f:id:minamimachida0706:20171115003748j:plainこのあたりから空気が引き締まっているのを感じます。

拝殿です。

f:id:minamimachida0706:20171115003837j:plain

f:id:minamimachida0706:20171115003912j:plain古峯神社は1340年前に都から日本武尊の神霊をこの地に招いてお祀りしたことが起源とされています。かつて勝道上人がこの近くの「深山巴の宿」で修業した結果初めて男体山の登頂に成功し、日光を開山したと言われています。そのためこの地は日光全山の僧侶が修行に励む霊地となりました。明治の神仏分離令により現在は仏教を切り離した神社となっています。

毎年交代で代参を行う古峯神社の講組織

古峯神社にはメンバーが毎年交代で代参を行うという講組織が約2万あるといいます。

f:id:minamimachida0706:20171115004017j:plain

メンバーの中から選出された代表者がお参りし、他のメンバーに御札を授与するというもので、そのための宿泊施設もあります。

f:id:minamimachida0706:20171115004117j:plain境内に郵便局があるのもそのせいでしょうか。

f:id:minamimachida0706:20171115004150j:plain

f:id:minamimachida0706:20171115005146j:plain

全国各地の講の記念碑が建っています。

これまで見てきた中で屈指の美しさだった古峯園

古峯神社の庭園として造られた古峯園(こほうえん)が隣接しています。

f:id:minamimachida0706:20171115004331j:plain

f:id:minamimachida0706:20171115004357j:plain

案内図に「園内の撮影は禁止されております」と書かれていて驚いたのですが、職員の方に確認すると今は苔の生えている場所に入らなければ撮影しても大丈夫とのことでした。

私がこれまで見た日本庭園の中で最も美しいと思ったのは島根の足立美術館のものですが、これは美術館のガラス越しに見るだけで中を歩くことはできませんでした。

実際に歩くことができる庭園として古峯園は高松の栗林公園や金沢の兼六園以上であり、これまで見てきた中で最も美しいと思いました。

結局頂いたのはどの御朱印だった?

念願かなってこの日頂いくことができた天狗の御朱印です。

本堂にあがって奥の授与所で御朱印をお願いした際、「タイプはお任せいただけますか?」と聞かれ、「はい」と答えた結果こうなりました。

f:id:minamimachida0706:20171115004528j:plain

本堂にあがったら冒頭に挙げた「天狗朱印」の一覧表を探し、自分の欲しいデザインが何番か確認しましょう。私がお参りした時は本堂から受取所へ向かう廊下の壁に立てかけて合って最初気付きませんでした。お願いする際に「今日頂けるのは何番と何番ですか?」と聞けばより希望に近い御朱印がいただけると思います。

 

意外と近かったのでいつかまた来てみたいと思っています。その時は通るかどうかは別として希望の御朱印の番号を事前に言ってみることにします。

 

◆見る者を感動させる見開き御朱印の記事

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

最後までお読みいただきありがとうございます。

スマホでご覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

※はてブのところにポチっとして頂けると励みになります