酒とうどんと御朱印の日々

心願成就へ向け飲んですすってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖荒川土手〗江北氷川神社の毎年変更される御朱印(平成29年度版)

今回は江北氷川神社の御朱印をご紹介します。こちらでは名誉宮司が詠んだ和歌を2頁にわたって記した御朱印を頂けるのですがその人気は非常に高く、遠く海外からお参りに来る人もいるといいます。書いて頂く和歌は正月になると新しいものに変更されます。そのため平成29年度の御朱印を頂きに再度お参りしてきました。

江北氷川神社の平成29年度版の御朱印

御朱印所

御朱印は拝殿横の社務所で頂けます。社務所には帳面が置いてあって御朱印を頂く人はそこに記帳するのですが、前回お参りした時には同じページに北海道の方の記帳がありました。この日は福岡からお参りに来た人がいたようです。尚、記帳した帳面は翌朝御祈祷して頂けます。

初穂料:お気持ちで

平成29年度版の御朱印

平成29年度版の御朱印どうやらこれから毎年来ることになりそうです。

スポンサードリンク

手ぶらで行けるサポート付き貸し農園【シェア畑】

荒川土手は桜がまだ満開を保っていた

江北氷川神社は首都高速の江北JCTに近い荒川土手に沿った場所にあります。牛込柳町の瑞光寺をお参りした後どういう経路をとればいいかしばし迷いました。
前回お参りした際は日暮里舎人ライナーの江北駅から歩いたのですが、大江戸線からだとかなり面倒な乗り継ぎになりそうです。良く調べると京浜東北線の王子と伊勢崎線の西新井の間をバスが頻繁に通っており、バス停が神社のそばにあるようなのでこちらを利用することにしました。
「荒川土手」バス停で下車しました。前回と同様にちょっと土手に上がってみます。

荒川土手

マンションとしては最近まで日本一の高さだった川口の「エルザタワー」が見えました。

川口の「エルザタワー」

桜はまだ満開状態を保っていました。

満開の桜

神社は春の姿そのものだった

約7か月ぶりに訪れた江北氷川神社です。

江北氷川神社

江北氷川神社には大正天皇の皇后であった貞明皇后から拝領した羽二重が残されており、また「足立姫」伝説にゆかりのある神社でもあります。そのため女性の願いを叶えるために奉納されたのぼりが数多く翻っていました。

奉納されたのぼり

関東大震災で倒壊した鳥居の一部です。「慶應二丙寅歳正月吉祥日」と刻まれています。慶應二年とは1866年で坂本龍馬暗殺の前年です。

関東大震災で倒壊した鳥居の一部

鳥居から拝殿を望みます。

鳥居から望んだ拝殿

祠が2つ並んでいます。向かって右が山の神、左が水の神です。

向かって右が山の神、左が水の神

境内には稲荷神社もありました。

稲荷神社

手水石には元禄12年の刻印があることから約300年前の物と言えます。

手水石

足立区指定の保存樹木であるくすのきです。

保存樹木であるくすのき

拝殿です。左手に御神木の銀杏があります。鯉のぼりが元気よく泳いでいました。

拝殿

お守りの看板がこれでもかというくらいかかっていました。

お守りの看板

お守りの看板

長野の諏訪大社から勧請されてきた諏訪神社です。御神体は大きな石で、自由に見ることが出来ます。

諏訪神社

境内には宮司が一つ一つ植えたたくさんの山野草が繁っていました。

沢山の山野草

スポンサードリンク

※畑を借りて無農薬野菜作りを楽しむ「畑のレンタルサービス」です。超新鮮な無農薬野菜を自分で作って自分で食べるのは格別の楽しさ!詳しくはコチラ☟

★最後まで読んでいただきありがとうございます。

 スマホでご覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

 ※はてブのところをポチっとしていただきますと励みになります。

 ◆前回来た時の記事

www.goshuinbukuro.com

◆群馬県の山奥の寺院に関東中からマニアが集結する寶徳寺の記事

www.goshuinbukuro.com

◆レア物御朱印の極み、天狗の御朱印を頂いた古峯神社の記事

minamimachida0706.hatenablog.com