酒とうどんと御朱印の日々

心願成就へ向け飲んですすってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖日蓮宗〗瑞光寺のカラフルな御朱印と意外な転売防止策

本日は都営大江戸線「牛込柳町」駅を降りてすぐの場所に位置する瑞光寺の御朱印をご紹介します。瑞光寺は安土桃山時代である1595年に創建された歴史ある寺院です。こちらではカラフルな「御首題」を頂くことができますが、実は最近問題となっており御朱印の転売防止策でもあります。

日蓮宗の御朱印

日蓮宗の寺院の場合、他の宗派の寺院や神社における御朱印にあたるものは御首題と呼ばれていますが、これは法華経に対する信仰の証という意味も持っています。独特の書体で「南無妙法蓮華経」と書かれた「御首題」は日蓮宗のみの「御首題帳」だけが受けることができるもので、他の宗派の寺院や神社の御朱印が混ざったものには「妙法」と書かれた「朱印」を揮毫するというのが原則です。ただ実際面では書き手の方の考えによるようです。

瑞光寺の御朱印

御朱印所

書院

瑞光寺の御朱印は書院内の社務所で受け付けています。

書院の看板インタホンを押すとすぐに中へ通され、事務員服を着た女性の方がにこやかに対応して下さいました。

瑞光寺ではカラフルな御首題を数種類頂ける他、バレンタインデー、ホワイトデー、小江戸シャカシャカ(釈迦☆釈迦)祭りといったイベント時には当日限定の御首題を頂けます。

志納金:「お気持ちで」

御朱印の転売防止策

御首題は全て書置きで、他の寺社と違って寺院の方で御首題帳(御朱印帳)に貼ってくださいます。そのため帳面がないと御首題は頂けません。これは最近問題となっているネットオークションへの転売に対する寺院としての防止策のようです。

御朱印

通常御首題は数種類あるようですが、この日は桜のタイプしかないようでした。

桜のタイプの御朱印日蓮宗というと「厳格」というイメージを持っていますが、そのイメージを覆す御朱印を頂きました。

※御朱印は季節によって変わってきます。翌年9月に頂いたものです。

9月の御朱印

瑞光寺の境内

山門

山門コンパクトにまとまった境内が印象的です。

境内の松

境内の松本堂を隠さんばかりに横に伸びた松の枝が瑞光寺の名物です。

妙福稲荷尊天

妙福稲荷尊天

本堂

本堂大正時代末期に改築され、100年以上の歴史があります。

山号

山号を「蓮紹山」と号しています。

御朱印の転売問題について

先日京都の栗田神社で「御朱印につきまして」という書面が掲示されました。御朱印は参拝した人が神様と縁を結んだ証であり、ただ御朱印をもらうだけでなく必ず一緒に参拝もしてほしいこと、また最近増えつつある「転売屋・代行屋」には関わらないでほしいことなどが書かれており、ネット上においても大変に話題になっています。

この貼り紙に関して粟田神社の宮司の方に実際にお話を伺う機会がありましたが、御朱印帳を一人で何冊も持ち込んだり、書き置きの御朱印を「何枚までいいのか?」聞いてきたりする、いかにも転売目的と思われる事例が珍しくないそうです。

粟田神社の宮司様は最近の御朱印ブームに対して「確かに信仰とは無関係に、趣味として御朱印を集めている方もいるようだが、理由は何であれ『お宮さんに足を運ぶ』ことが大切」と言われました。実際に足を運べば何かしら学ぶことがあり、それにより「お宮さんていいな」と思ってもらえればそれでいいということです。

御朱印で大切なのはとにかく寺社に足を運ぶという事であり、それ以外の手段で入手した御朱印は無意味であると、愛好者の一人として主張したいと思います。

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホで御覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

 ※はてブの所をポチっとしていただきますと励みになります。

◆日蓮宗の寺院でいただいた御朱印の記事

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com