酒と車と御朱印の日々

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!悲願は実現する!

ブラックニッカリッチブレンドは意外とお得感のある味わいだった

ブラックニッカについてディープブレンドとスペシャルをご紹介したので、そうなるとリッチブレンドにも触れないわけにはいきません。

ニッカのホームページでブラックニッカを見るとディープブレンド・リッチブレンド・クリアの3ブランドが常にセットとして扱われています。スペシャルをどの辺りに置くつもりなのかはわかりませんが、ニッカとしてはブラックニッカの上から2番目(下から2番目と言ってもいい)という扱いでしょう。


ちなみにブラックニッカクリアが発売開始となった時試しに飲んでみたのですが、これはだめだと思ったのでそれ以降飲んだことがありません。度数が低い割に薬品を飲んでいるような刺激を感じました。その後様々なウィスキーを飲んできたので今なら違った感想を持つかもしれませんが、一旦不味い酒を買ってしまうと4日我慢しなければならないことを考えると冒険はしたくありません。寝る前に酒を飲むことが一日で最高の楽しみとなっているので、これはどうしようもありません。


リッチブレンドはそのクリアの一つ上のブランドということで、多少の不安感は感じつつも飲んでみることにしました。

f:id:minamimachida0706:20170303212955j:plain

ブラックニッカと言えば角ばった黒いボトルにキングオブブレンダーズのラベルというイメージがありますが、ボトルだけみると「竹鶴」を思い出すような形状となっています。ただし色は竹鶴よりかなり薄めです。

 

 今回は南アルプスの天然水を合わせます。

f:id:minamimachida0706:20170303213113j:plainまずはストレートで飲んでみました。

f:id:minamimachida0706:20170303213252j:plainとろりとしてなめらかな口当たりでした。スペシャルほどのではありませんがやはり梅酒のような甘さがあります。スコッチをストレートで飲んだ時に感じるピリピリした刺激はなく、このままスイスイ飲んでいけそうに感じました。


続いてハーフロックで飲みます。グラスは以前ニッカの懸賞で当てたクリスタルガラス製のものです。特にマーク等入っていないため言わないと誰もわかりません。

f:id:minamimachida0706:20170303213353j:plain

水で割って氷で引き締めると大変にスッキリとした味わいになりました。水で割っても刺激を感じたディープブレンドの対極と言ってもいいでしょう。しかしスペシャルで感じたコクが無かったのは残念でした。


いずれにせよ1,000円台前半のウィスキーとしてはちゃんと飲める物で、クリアのように手に取ることもなくなるということはありません。まず見つけることに苦労するスペシャルと違ってどこの店にも置いてあるので、意外とお得なウィスキーかもしれません。


ブラックニッカ4種類の私の中での序列は以下の通りとなりました。
スペシャル>>>リッチブレンド≧ディープブレンド 圏外 クリア

 

 ◆ブラックニッカシリーズで最もおすすめのスペシャルの記事

minamimachida0706.hatenablog.com

 ◆ニッカウィスキーが最も推しているディープブレンド

minamimachida0706.hatenablog.com

 ◆ジャパニーズウィスキーの誇りである竹鶴 

minamimachida0706.hatenablog.com

最後までお読みいただきありがとうございます。