酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖思いの儘〗宝戒寺の御朱印と梅が見頃の境内

今回は宝戒寺の御朱印をご紹介します。

古都鎌倉が花の季節を迎えましたが、東慶寺と並んで鎌倉の梅の名所として知られているのが宝戒寺です。

宝戒寺の由緒

宝戒寺の境内全景宝戒寺は鎌倉幕府において代々執権の座を務めた北条氏のゆかりの地です。

第2代執権の義時が屋敷を建てたのが現在宝戒寺の場所であり、以後最後の高時まで代々執権の屋敷となります。

鎌倉幕府滅亡の際はこの付近で高時をはじめ約870人の北条一族が自決しましたが、その慰霊のために北条氏代々の屋敷のあったこの地に建てられたのが宝戒寺で、同時に国家的人材育成のための道場という目的もありました。建立を命じたのは後醍醐天皇ですが、建武の新政が崩壊したことにより、実質的には後を継いだ足利尊氏により行われたようです。

2世住持の惟賢により国家鎮護のために歓喜天像が造立されています。

1538年に伽藍すべてが焼失しますが、江戸時代になって徳川家康の側近である天海大僧正が寺院の保護と持続を願い出て再建されました。

宝戒寺の御朱印

御朱印所

御朱印所は本堂内右手にあります。

宝戒寺の御朱印所である本堂内部小さな寺院ですが、鎌倉・江の島七福神巡りで混雑していることが多く少し待つことになると思います。

こちらでは本尊である地蔵尊、佛母準胝尊、毘沙門天の3種類の御朱印をいただけます。

受付時間8:00~16:30

志納金300円

御朱印

今回は本尊である地蔵尊の御朱印のみ頂きました。

宝戒寺の地蔵尊の御朱印女性的な、優しい筆跡の御朱印です。

梅が見頃の宝戒寺

宝戒寺の梅の花

宝戒寺の紅梅宝戒寺は「萩の寺」として知られており、一年を通して何らかの花が咲いていますが、鎌倉を代表する梅の名所でもあります。

枝垂れ梅

宝戒寺の枝垂れ梅石碑の左側の樹が枝垂れ梅(しだれうめ)のようです。これが満開となると実に見事だそうです。

思いの儘

宝戒寺の思いの儘一本の白梅の木にランダムに桃色の花が咲きます。どこに咲くか全くわからず、思いのまま桃色の花が現れることからこの名が付いています。

宝戒寺の境内

宝戒寺の入り口宝戒寺は鶴岡八幡宮の前の道を東に進んだ突き当りに位置しています。

参道

宝戒寺の参道

両脇に植えられているのは桜でしょうか。

本堂

宝戒寺の本堂宝戒寺は本堂内にあがり御本尊の間近で心行くまでお参りすることができます。昨年8月にもお参りしましたが、扉を全て開け放った本堂の中を涼しい風が抜け、本当に気持ちよかったことを覚えています。

本堂内は大まかに3つに仕切られています。真ん中の壇は、中央に本尊である子育経讀地蔵菩薩、右に梵天、左に帝釈天。右の壇は閻魔大王、左の壇は観世音菩薩と毘沙門天が安置されています。

本尊の子育経讀地蔵菩薩は子育ての御利益が篤いといわれています。

水琴窟

宝戒寺の水琴窟本堂横に水琴窟がありました。柄杓で手前の水を汲んで上の段に流すと綺麗に響く水音が聞こえてきました。

境内社

聖徳大師堂

宝戒寺の境内社である聖徳大師堂

徳崇大権現堂

宝戒寺の境内社である徳崇大権現堂

鎌倉幕府最後の執権である北条高時を徳崇大権現として祀っています。

大聖歓喜天堂

宝戒寺の境内社である大聖歓喜天堂秘仏である大聖歓喜双身天王をお祀りしています。子宝のご利益が篤く参拝者が絶えません。

★ 最後までお読みいただきありがとうございます。
 スマホでご覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。
 ※はてブのところをポチっとしていただきますと励みになります。

◆同じく花の名所。ミシュラン三ッ星の東慶寺の記事

www.goshuinbukuro.com

◆鶴岡八幡宮から東へ伸びる金沢街道沿いの寺院

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com