酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

グランベリーモールの建て替えに何で2年半もかかるのか、説明会に参加したらよくわかった

2月12日に南町田駅前のグランベリーモールが閉店になって一週間以上が経過しました。閉店セレモニーの際の人出は物凄く、私は「国会前にデモ隊が集結したかのような」という表現を使いました。

  従来モール内の通路は解放されていて営業時間に関わらず通行できたのですが、現在は閉鎖されてしまい関係者以外入ることはできません。ケーズデンキ前の入り口も閉鎖されました。

f:id:minamimachida0706:20170221214122j:plain駅前のデッキに通じる階段も今では入れません。

f:id:minamimachida0706:20170221214141j:plain規模を縮小して暫定営業している東急ストア以外全て閉店してしまったため、もはや死の街となっています。

f:id:minamimachida0706:20170221214243j:plainインフォメーションも無人です。

f:id:minamimachida0706:20170221214304j:plain看板がいつのまにか泣ける内容に変わっていました。

f:id:minamimachida0706:20170221214337j:plain

f:id:minamimachida0706:20170221214351j:plain

グランベリーモールの閉鎖・建替えの伴い南町田駅周辺が大きく変わるらしいという事を先日書きました。

  このたび町田市と東急電鉄により「南町田拠点創出まちづくりプロジェクト説明会」が開催されましたので私も参加してきました。

f:id:minamimachida0706:20170221214415j:plain

どうやら事前に想像していたよりもはるかに大がかりな街づくりとなるようです。
現在のグランベリーモールである中央街区と駅前街区の建物はシネコン棟を除いて取り壊し、中央街区には地上5階地下1階建て、駅前街区には地上3階地下1階建ての商業施設を建設する。店舗数は従前の2倍の約200店とする。
中央街区の中心に駐車場を設け、それを2重に囲むように商業施設を建設する。
駅前街区と中央街区を結ぶデッキは現在の2倍の幅にする。
鶴間公園とグランベリーモール間の道路を廃止し、融合ゾーンを設ける。
鶴間公園と線路の間に道路を新設する。
現在のシネコン棟に鶴間公園に出るための貫通路を設ける。
現在東急ストアの駐車場となっている敷地に都市型住宅を整備する。
現在ケーズデンキがある場所については複合利用ゾーンとして整備する。
南町田駅に南北自由通路を設け、改札口を自由通路に移設する。
大まかなところではこのような内容です。

f:id:minamimachida0706:20170221214440j:plain

最も驚いたのは駅の北口から南北自由通路、駅前街区、中央街区に至るまでの高さを揃えるという点です。
現在北口から駅に入ると階段を降りて地表面に出ます。そして東急ストアの前の階段を上がってデッキを渡り、短い階段を降りてモール内に入ります。このすべての高さを駅北口に合わせるのです。

f:id:minamimachida0706:20170221214515j:plain

駅北口の高さに揃えるという事は駅前街区も中央街区も相当かさ上げしなくてはなりません。グランベリーモールのあの広大な敷地のほぼ全体を駅北口の高さまでかさ上げするのですから、当初想像していた規模をはるかに超える大規模工事だと言えます。単なるショッピングモールの建て替えに何で2年半もかかるのかと思っていたのですが、これで納得できましました。


敷地全体がかさ上げされるような形になりますから周辺道路とのギャップは大きくなります。敷地の南端のとんがった部分にはイベントにも使える広場が出来ますが、そこには階段で降りなければなりません。

 

駅前街区の高さが北口の高さまでかさ上げされることになると、駅の大幅なリニューアルも必要になります。

f:id:minamimachida0706:20170221214603j:plain

南北自由通路と新しい南口にそれぞれ改札口が設けられます。駅前街区とホームとの高低差が今より大きくなっていますから広々とした階段やエスカレーターが設けられることになっています。そして敷地全体を大きな屋根で覆ったドームのような駅になっています。パースを見て「たまプラーザ」みたいだなと思いました。

 

集会道路から駐車場へ入る入り口は、現在のケーズデンキ前の入り口部分と駅前街区とのデッキ部分に設けられます。

 

私が最も気になっていたのは商業施設の営業時間外に敷地内の通路を通れるのかという事でした。グランベリーモールが我が家への帰り道という生活を私は15年続けていたのですが、これは非常に気持ちのいいものでした。工事期間中は我慢しなければならないとして、開業後は果たしてどうなるのか、説明がなければ質問するつもりでした。
通路は常時解放されるそうです。そのことが聞けたので、第一部の説明会が終わると第二部の質疑応答を待たずに私は帰ってしまったのでした。

◆建替え工事の最新状況

www.goshuinbukuro.com

◆最大の成功事例であるおはらい町通りとおかげ横丁の記事

www.goshuinbukuro.com