酒とうどんと御朱印の日々

心願成就へ向け飲んですすってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖45度〗ブラックニッカ・ディープブレンドは分厚くて強い酒だった

今回はニッカウィスキーのブラックニッカ・ディープブレンドをご紹介します。ハイボールブームや朝ドラによりにわかに発生したウィスキーブームによる原酒不足に対応するため急きょ発売されたものです。

最盛期の6分の1まで減少した日本のウィスキー販売量

ウィスキーはその製造工程の中で「貯蔵・熟成」という段階を経なければならないため、材料を仕込んでから製品となるまで大変に時間がかかります。そのため販売量が増えたからと言ってすぐに増産できるものではありません。

日本では1950年代に洋酒ブームが起こるのですが、水割り、オンザロックといった多様な飲み方が定着して1983年までウィスキーの販売量は増加し続けます。しかしその後減少傾向となり2007年にはピーク時の何と6分の1となっています。

ハイボールブームと朝ドラによるブームで一転して深刻な原酒不足が発生

低迷し続けていたウィスキー業界も2008年にサントリーが「角ハイボールプロジェクト」を展開し、「ハイボール始めました」というキャッチフレーズで女優の小雪をCMに起用するなど全面的なキャンペーンを展開すると再び販売量は増加に転じました。生産が追い付かないためサントリーが角瓶の生産調整を実施した程だったのです。そしてその動きにさらに拍車をかけたのが2014年9月から2015年3月まで放送されたNHKの朝ドラである「マッサン」です。

ドラマが放映された2014年はウィスキー全体で前年比13.7%増でしたが、ニッカの主力商品の「竹鶴」は39%と大幅増となりました。そのためニッカもサントリーも売れすぎて長期熟成した原酒が不足するというピンチを迎えます。

原酒不足への対応で登場したブラックニッカ・ディープブレンド

原酒不足への対応で登場したブラックニッカ・ディープブレンドニッカはそれにより緊急対応として商品ラインアップの全面変更を余儀なくされました。従来の「ブラックニッカ8年」に変わって市場に登場したのが今回ご紹介するブラックニッカ・ディープブレンドです。

最高級 お酒のお供!ツナ缶の極み

ストレート

ブラックニッカ・ディープブレンドのストレートアルコール度数が45度と高いせいか、かなり強くきつく、また分厚い味わいです。飲み込むとのどが熱くなります。

ロック

ブラックニッカ・ディープブレンドのロック通常は氷を入れると柔らかくなるのですが、ディープブレンドの場合はロックでもストレートっぽい味わいです。それでも若干甘さを感じられるようになりました。

水割り

次に水で割ります。

ブラックニッカ・ディープブレンドと南アルプスの天然水合わせる水は南アルプスの天然水です。

トワイズアップ(1対1で氷を入れない)

ブラックニッカ・ディープブレンドのトワイスアップ弱冠スッキリ感が出てきましたが、それでもやはり強さが前面に出てきます。従来の「ブラックニッカ8年」にあったようなスモーキーさはありません。

ハーフロック(1対1で氷を入れる)

ブラックニッカ・ディープブレンドのハーフロックかなりスッキリとしてきましたが、それ以外の味の変化は特に感じられません。

とにかく分厚くて強い酒だった

45度という高いアルコール度数からくる強さと分厚さが印象の全てだったように思います。「男の酒」といったものを感じました。

恐らくあと数年すればハイボールブームの頃に仕込んだ原酒が熟成を終え、商品となって世に出てくると思われますが、その時どのようなラインナップとなるか楽しみです。

 

※最高級びん長まぐろの希少部位である「とろ」のみを使用し、エキストラバージンオリーブオイルに漬け込んだ、1尾より1缶しか製造できないツナ缶。つまみにどうぞ。

究極のツナ モンマルシェ

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 未成年の飲酒は法律で禁止されています。健康のため飲み過ぎに注意しましょう。

 ※はてブの所をポチっとしていただきますと励みになります。

◆コストパフォーマンスに優れたブラックニッカリッチブレンド

www.goshuinbukuro.com

◆どんな飲み方をしてもフルーティーだったブラックニッカアロマティック

www.goshuinbukuro.com

◆なかなか酒屋で見つからないブラックニッカスペシャル

www.goshuinbukuro.com

◆お手頃価格で上質な味わいだったデュワーズホワイトラベル

www.goshuinbukuro.com