酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖日本向け〗ホワイトホース12年はどこまでもバランスが取れていた

今回はホワイトホース12年をご紹介いたします。ホワイトホース12年は日本市場専用に開発されたプレミアム品になります。

日本市場専用に開発された「12年」

キリンのホームページを見るとホワイトホース・ファインオールドは「原産地:日本(スコットランド産ウィスキーを輸入して日本で製造)」、ホワイトホース12年は「原産地:スコットランド」と書かれています。ファインドールドは日本で一体どこまでやっているのでしょう。ブレンドか、貯蔵か、あるいは単に瓶詰だけなのかそれは分かりませんが、いずれにせよ商品になるまでに日本人の手が加わっています。

日本市場専用に開発されたホワイトホース12年それに対しホワイトホース12年は日本市場専用の商品がスコットランドで完成品となっているのです。つまりスコットランド人が考える日本人に合ったウィスキーというものがここに表現されていると言っていいでしょう。本場スコットランドと比べると約700年近く遅れてスタートしたジャパニーズウィスキーですが、現在では国際的コンクールでも最高の評価を受けるまでになりました。
そのような状況下で本場スコットランド人が「日本市場専用」というスコッチウィスキーをどのように仕上げたのか非常に興味があります。

ストレート

ホワイトホース12年のストレート滑らかで深いコクがあり、男性的な強さを感じます。口の中に香りが広がり喉が熱くなります。ストレート特有のピリピリ感はあまり感じられません。

ロック

ホワイトホース12年のロック氷を入れることにより一気に口当たりが良くなりました。スコッチは氷を入れると台無しになることが多いのですが、冷やしても崩れないバランスの良さがあります。

水割り

ホワイトホース12年と南アルプスの天然水今回は南アルプスの天然水と合わせます。

トワイスアップ(1対1で氷を入れない)

ホワイトホース12年のトワイスアップしっかりとした香りがあります。ファインオールドのようなあくの強さはなく、きめが細かく洗練された味わいとなっています。口の中をスムーズに滑っていきましたが、それでもしっかりとスモーキーフレーバーは感じることが出来ました。

ハーフロック(1対1で氷を入れる)

ホワイトホース12年のハーフロックバランスはとれていますが、すっきりとし過ぎのように思いました。ここまで来ると没個性と言っていいかもしれません。

「日本市場専用」でどこまでもバランスが取れていた

ホワイトホース・ファインオールドは飲みなれるまではクセの強さを感じますが、こちらでは特にそのようなものは感じませんでした。という事は英国人が「日本市場専用」で重視したのはバランスの良さなのかもしれません。
ホワイトホース12年は当ブログで最近ご紹介してきたウィスキーより1ランク高く一本2,000円を少し超えますが、価格相応の味ではないかと思います。

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 未成年の飲酒は法令で禁止されています。健康のため飲み過ぎには注意しましょう。

 ※はてブの所をポチっとしていただきますと励みになります。
◆ホワイトホースのベーシックブランドであるファインオールドの記事

www.goshuinbukuro.com

◆バランタインの上級品であるバランタイン12年の記事

www.goshuinbukuro.com

◆ジョニーウォーカーの上級品である「ジョニ黒」の記事

www.goshuinbukuro.com

◆かつて吉田茂が愛飲したシーバースリーガルの記事

www.goshuinbukuro.com