酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

日本の代表的高級ウィスキーのオールドには意外な黒歴史があった

今回はジャパニーズウィスキーの代表格であるサントリーオールドをご紹介します。
オールドは角瓶と並んでジャパニーズウィスキーを代表するブランドですが、「今は飲めなくても係長になったら角瓶を、課長になったらオールドを」という言葉にある通り国産高級ウィスキーの代名詞的存在でした。かつては高額の税金がかる輸入ウィスキーに代わる存在として売れに売れ、最盛期には日本のウィスキーの売り上げの四分の三がオールドだったといいます。


ウィスキーは仕込んでから製品になるまで時間のかかる商品であり、売れたからといって急に増産できるものではありません。オールドが急増する国内需要をカバーできたという事の裏には黒歴史といってもよい事実があったようです。


1981年当時のサントリーの内部資料によるとオールドの成分構成としてはモルト27.6%、穀物アルコール45.1%、水26.1%、甘味果実酒0.8%、リキュール0.6%、カルメラ0.6%だったといいます。穀物アルコールは樽貯蔵されていませんから本来ならウィスキーと呼んではいけないものでした。そしてウィスキー本来の色と味わいを出すためには着色や風味付けが必要でした。
ブレンデッドウィスキーとはモルトウィスキーとグレーンウィスキーをブレンドしたものですが、サントリーでグレーンの製造ができるようになったのは知多蒸留所が稼働する1972年以降です。グレーンの熟成が進む1980年代まではまともなブレンデッドウィスキーを製造できる体制ではなかったと言えるかもしれません。


外圧により2度にわたり酒税が改正された結果品質の良い輸入ウィスキーがこれまでより低価格で流通するようになった結果、オールドの売り上げが輸入ウィスキーに奪われるようになりました。そのためオールドに対し改良に改良を重ねて現在に至っているのです。


オールドと言えばやはりこのボトルのデザインが印象に残ります。

f:id:minamimachida0706:20171030171703j:plain

1950年の発売開始からほとんど変わっていないと思いますが、その上質感・高級感は現在でも立派に通用します。

 

まずはストレートで飲みます。

f:id:minamimachida0706:20171030171924j:plain

ストレートの場合、大抵の酒は口に含むと「オッ!」という強さを感じるのですが、オールドの場合はストレートでも口当たりが良くまろやかさを感じます。ダイニングの戸棚の中にある父親のウィスキーを盗み飲みした時代から飲んでいるため、私にとっては「ウィスキーと言えばこれ」というような味です。全てにおいてバランスの取れた丸い味といってもいいのではないでしょうか。

 

次いでロックで飲みます。

f:id:minamimachida0706:20171030172523j:plain

氷が入ることにより、すべてにバランスが取れた上に柔らかさが加わったように感じます。

 

次いで水で割ります。合わせる水は二荒山神社でお水取りした「二荒霊泉」です。

まずは1対1で氷を入れないトワイズアップです。

f:id:minamimachida0706:20171030172740j:plain

全体的にバランスの取れたストレートの味わいに柔らかさと丸さが加わったような味です。

 

最後にハーフロックです。

f:id:minamimachida0706:20171030173013j:plain

柔らかさと丸さに加えて氷を入れたことにより味わいがシャープになったように思います。全ての飲み方の中ではハーフロックが一番良いように思います。


日本人に合ったウィスキーを目指す中で国際的なコンテストで最高点を取るなどサントリーのウィスキーに対する世界の評価は高まっています。今や手頃に飲めるウィスキーとなったオールドが今後どのように進化するか注目したいと思います。

 ◆オールドと並ぶサントリーの2枚看板である角瓶の記事

minamimachida0706.hatenablog.com

 ◆対抗するニッカの代表ブランドであるブラックニッカシリーズの記事

minamimachida0706.hatenablog.com

未成年の飲酒は法律で禁じられています。健康のため飲み過ぎには注意しましょう。