酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖御朱印〗ぼたん苑や五重塔など上野東照宮は見どころがいっぱい

今回は上野東照宮の御朱印をご紹介します。

藤堂高虎の屋敷内に創建された上野東照宮

上野東照宮は上野恩賜公園内に位置していますが、ここはもともと「生涯で7度主人を変えた男」と呼ばれる藤堂高虎の屋敷があった場所です.

「世渡り上手」というイメージが強い高虎を家康も警戒していたようですが、最終的には信頼を勝ち取りました。晩年、死の病に倒れた家康を高虎と天海大僧正が駿府城で見舞った際、家康は病床に二人を呼び三人が末永く魂鎮まる場所を造るよう遺言されたと言います。

それを受けて高虎は1627年に上野の屋敷内に家康を祭神とする宮祠を造りますがこれが現在の上野東照宮です。1651年に三代将軍家光が大規模に作り替え現在の姿となりました。

度重なる災難を全て切り抜けた奇跡の神社

幕末には寛永寺の伽藍や子院の多くが消失する上野戦争が勃発しましたが、上野東照宮には火の手が及びませんでした。関東大震災にも倒れず、第二次世界大戦では社殿のすぐ裏に爆弾が投下されましたが幸いにも不発弾で社殿の倒壊は免れました。数々の困難を乗り越えて江戸初期の姿を現在まで残す奇跡のような神社です。

上野東照宮の参道

大石鳥居

上野東照宮の大石鳥居。鳥居の奥に水舎門が見える。鳥居の右側には寂れた食堂、左側にぼたん苑の看板がある。

重要文化財の大石鳥居です。関東大震災の際にも少しも傾かなかったほど頑丈に作られています。

お化け灯篭

上野東照宮のお化け灯篭。周囲に植わっている木々とほぼ同じくらいの高さがある。

佐久間勝之より奉納されたもので、高さ6.8mと あまりにも大きいのでこの名があります。 同じ勝之が奉納した名古屋の熱田神宮、京都南禅寺の大石灯籠と合わせて日本三大石灯籠のひとつに数えられています。

水舎門

上野東照宮の水舎門。門をくぐって多くの人がお参りに向かっている。門の両脇にぼたん苑ののぼりが立てられている。

もともと手水舎として使用していた物を門として再利用しています。

水舎門の屋根に掲げられた「東照宮」と書かれた額

案内図

上野東照宮の案内図

石灯籠

上野東照宮の石灯籠。一直線に伸びた参道の両脇に並んでいる。お参りする人々が石灯籠を見ながら参道を歩いている。1651年の改修の際諸大名から奉納されたものです。

ぼたん苑

石灯籠の間から見えるぼたん苑の門。両脇に「ぼたん苑」と書かれた照明が掛けられ、門を抜けた先で男性が傘を開こうとしている。

昭和55年に日中友好を記念して開苑したもので、この日はダリア展が開催されており、ちょうど見頃でした。

ぼたん苑の見頃のダリア。大人の顔の位置くらいの高さに色とりどりの花を咲かせている。それぞれの花には傘がかかっている

ぼたん苑の黄色い花を咲かせたダリア。すぐ上に傘がかけられている。

ぼたん苑のダリア。白と紫のコントラストが美しい。

五重塔

上野東照宮の木々の奥に見える五重塔

1631年に土井利勝が寄進したものです。1639年に火災により焼失し、同年に再建されました。

明治になってからの神仏分離令とそれに伴う廃仏毀釈により全国で数多くの五重塔が破壊され、こちらも取り壊しの対象となっていましたが、寛永寺所属であると国に申し出たことにより辛うじて難を逃れました。寺から距離があり管理が難しいことから現在は東京都の所有となっています。

 鈴

 

上野東照宮の鈴。赤い柱が見事な水屋の内部に吊るされている。背後に銅灯篭が立っている。

江戸三大石匠と呼ばれた酒井八右衛門が寄進した鈴です。珍品であるため人目に付くところということで水屋につけられました。

神楽殿

屋根の勾配が美しい上野東照宮の神楽殿。背後に上野の森が広がっている。

屋根の勾配の美しさで知られています。

「広島・長崎の火」

「広島・長崎の火」。中央に開けられた窓を通して見ることが出来る。多くの千羽鶴が掛けられている。被爆地で採火したものですが、当初の「形見の火」「恨みの火」から現在では「平和の火」として灯し続けています。

銅灯篭

二列に並ぶ銅灯篭。左手に水屋の赤い柱が見える。

48基全て諸大名が奉納したもので、寄進した大名の氏名・官職名・奉納した年月日が刻まれている重要文化財です。

彦根藩第2代藩主である井伊直孝の名を発見しました。

井伊直孝の名が刻まれた上野東照宮の銅灯篭

上野東照宮の社殿

唐門

上野東照宮の唐門。金色の門扉の両脇に「昇り龍」「降り龍」の彫刻がある。唐門の両脇には木が植えられ、手前に賽銭箱が置かれている。

1651年に造営され、重要文化財に指定されています。

門の両側に左甚五郎作の「昇り龍」「降り龍」の彫刻があります。偉大な人ほど頭を垂れるということで頭が下を向いている方が昇り龍です。

頭が下を向いている昇り龍の彫刻

降り龍です。

頭が上を向いている降り龍の彫刻

上部の錦鶏鳥・銀鶏鳥は室町時代の技術を集大成したものです。

唐門の上部に施された錦鶏鳥・銀鶏鳥の彫刻

ご神木の大楠

ご神木である大楠。手前に石灯籠が並んでいる。

拝観料を払って敷地内に入ると樹齢600年以上のご神木である大楠があります。幹の太さは8m以上で上野公園一です。

栄誉権現社

栄誉権現社。柵で囲まれた中の朱色の鳥居の奥にある。右端に透塀の庇が写っている。

狸は「他を抜く」という縁起から強運開祖、受験・就職必勝の神様でとされています。

透塀

上野東照宮の透塀。中央部が格子状になっていて向こう側が透けて見え、上段と下段に動植物が描かれている。

様々な動植物が描かれた重要文化財の透塀です。向こう側が透けて見えるのでこう呼ばれています。

上段には野山の動物と植物、下段には海川の動物が表現されています。

透塀の上段に描かれた野山の動物と植物

透塀の下段に表現された海川の動物

唐門の内側

上野東照宮の唐門の内側。金色の門じからえんじ色の塀が伸びている。

拝殿

絢爛豪華な上野東照宮の拝殿。金色と黒のコントラストが美しい。

絢爛豪華な重要文化財の拝殿です。現在は家康・吉宗・慶喜の三者が御祭神として祀られています。

上野東照宮の拝殿・幣殿・本殿。拝殿の壁は金と黒のコントラストだが、幣殿と本殿は金一色である。

三代将軍家光が社殿を建替えた際、遠く日光までお参りに行くことができない江戸の人々のために日光東照宮に準じた豪華な社殿を建立したと言われています。
拝殿・幣殿・本殿の三室から構成された権現造りです。

その後の藤堂家

高虎は「世渡り上手」イメージを払拭して家康の信頼を勝ち取り、大阪の陣以降徳川軍の先鋒は譜代筆頭の井伊家と並び藤堂家が務めるようになります。しかし幕末の鳥羽伏見の戦いでは藤堂家の津藩が真っ先に新政府軍に寝返り、このことが幕府軍総崩れのきっかけとなりました。そのため「藩祖の薫陶著しい」と皮肉られ、高虎の悪評を決定づけるものとなります。しかし実際の高虎はこれはと見込んだ主君である家康に対しては最後まで忠誠をつくした武将だったといわれています。

御朱印

御朱印は拝観入り口の授与所で頂けます。

流れるような筆跡の上野東照宮の御朱印

さらさらと流れるような筆跡の御朱印を頂きました。恐らく「東照宮」と書いているのでしょうが、ここまで達筆だともはや何と書いているのかわかりません。

◆関東大震災や東京大空襲をすべて乗り越えた奇跡の神社

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

◆国宝陽明門の修理が完了した日光東照宮の記事

www.goshuinbukuro.com

◆左甚五郎作の彫刻で有名な秩父神社の記事

www.goshuinbukuro.com

最後までお読みいただきありがとうございます。

スマホでご覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

※はてブのところをポチっとしていただきますと励みになります。