酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖浅草〗「弁慶」は地元では有名な「背脂チャッチャ系」の店だった

ラーメンにはその特徴から「家系」「濃厚魚介系」「二郎系」といった系統に分けることができますが、その中に「背脂チャッチャ系」と言われるものがあります。とんこつ醤油味のスープにコクを出すために豚の背脂を入れるのですが、その際白い背脂を丼ぶりの上から網でチャッチャと振りかける動作からこの名前がついたと言われています。全体的に勢いよく振りかけるため、スープはもちろん丼ぶりそのものも背脂まみれになってしまいますが、今回ご紹介する浅草の「弁慶」はこの「背脂チャッチャ系」ラーメンの店になります。


正月の浅草で御朱印を頂きに寺社を巡っていましたが、言問い通り沿いに行列のできているラーメン屋が目に入ってきました。私の後ろから「あの店はねえ」などという話をしながらカップルが追い抜いていきます。また浅草名物の人力車の俥夫が「この店はいつも混んでいますよ」と客に話しながら横を通り抜けていきます。多摩地域に住む私には初耳でしたが地元では有名店なようで、それが「弁慶」の浅草本店でした。行列と渋滞と巨人が嫌いな私ですが、そうなると並ばないわけにはいきません。

f:id:minamimachida0706:20170106175457j:plain

私は初めての店ではそこで最もオーソドックスなものを注文することにしています。また基本的にラーメンが食べたいのでラーメン∔餃子やラーメン∔半チャーハンではなくラーメン大盛りを頼みます。(中盛がある店なら中盛)今回も原則通りラーメン大盛りを注文しました。この店では「ラーメンの値段はタクシーの基本料金と同じ」というポリシーがあるそうです。カウンターの隣の席にはいかにも常連客と思われるガタイのいい二人組がいましたが、チャーシュー麺大盛りと半チャーハンを注文していました。


後で知ったのですが弁慶は普通盛でもかなり食べ応えのある店のようです。丼ぶりが置かれたときはその量に一瞬動揺しましたが、隣の席の二人組に負けてはならぬということで極力顔色を変えぬよう食べ始めました。スープの表面が全て隠れるくらい背脂がふりかけられていて、見るからに油ギトギトです。

f:id:minamimachida0706:20170106175537j:plain

実際に食べてみると濃厚ではありますが見た目から想像するようなしつこさはありません。中太麺とよく絡んでくせになりそうな味わいとなっていました。量は多かったのですがペース配分を守って淡々と食べた結果麺と具は完食しました。
普段よりは少し時間がかかったため、麺の食感が途中から変わってきたのはやむを得ないことでしょう。確かに大盛りで210円増しというのは少し高いと思っていました。今後は注意が必要です。

f:id:minamimachida0706:20170106175601j:plain

当日は店の近所からスカイツリーがいい感じに見えていました。

住所

東京都台東区花川戸2-17-9

営業時間 11:00~翌4:00

定休日 無休

アクセス 東武浅草駅徒歩5分

 ◆併せてぜひお読みいただきたいおススメ記事

minamimachida0706.hatenablog.com

minamimachida0706.hatenablog.com