酒と車と御朱印の日々

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!悲願は実現する!

東名入口交差点の渋滞が大きく改善した理由

2002年に事業開始となっていた国道16号線東名入口交差点における「町田立体交差事業」ですが、2016年4月24日に本線部分が開通となりました。

f:id:minamimachida0706:20170102223340j:plainラジオを聴いているとよく道路交通情報が流れますが、東京の局の場合必ず出てくる渋滞の名所が「東名入口交差点」です。ここは国道16号線と国道246号線の交差点ですが、16号線を246号線が高架でまたぐ形状となっています。16号線はそのまま保土ヶ谷バイパスと直結しており、また東名高速の横浜町田ICが近隣にあるため交通量が多いにもかかわらずこの区間は300mの区間に信号が3つもありました。そのため上下線ともここを起点とした渋滞が慢性的に発生していました。
奥が246、手前が旧246の信号です。

f:id:minamimachida0706:20170102223612j:plain3つ目の信号です。

f:id:minamimachida0706:20170102223637j:plainここの渋滞は本当にひどいものでした。
私の自宅は246号線沿いで交差点から約400mの場所にあり、保土ヶ谷バイパスに乘る場合246号の側道から交差点を右折して16号に入ります。

f:id:minamimachida0706:20170102223701j:plainしかし渋滞している場合16号が動かないため246号側道の右折レーンもいつまでも動きません。保土ヶ谷バイパスを通って本村ICから希望が丘へ通勤で通っていたことがありましたが、毎朝交差点を抜けるだけで30分くらいかかっていました。交差点をぬければそれなりに流れるのですが、そこまでが大変なのです。
保土ヶ谷バイパス下り線では大抵の場合本村ICあたりでノロノロとなり、下川井ICで完全に止まってしまいます。


この渋滞を解消するための切り札として計画されたのが16号線を高架にして246号線の高架部分の上をさらにまたぎ、そのまま保土ヶ谷バイパスまでつなげてしまうという町田立体交差事業です。保土ヶ谷バイパスの事実上の延伸と言ってもいいでしょう。着工したのが私が町田に引っ越してきた平成14年ですからここまで14年かかりました。
後に映画化されるほどの難工事だった黒部ダムの建設にかかった工期が7年だったと言いますからその2倍かかっています。その間サクラダファミリアのごとくいつ終わるかわからない工事が延々と続いていたのです。両側から高架部分がだんだんと伸びてきて最後に246をまたぎましたが、横浜町田ICへの接続部分が未完成であったため開通は当分先だろうと思っていました。


私の自宅マンションの外廊下からはこの高架部分が見えるのですが、昨年の4月24日の朝、玄関を出ると何と高架の上を車が走っているではないですか。最初は工事用車両かと思いましたがそれにしては様子が変であり、スマホで調べてみて初めて本線部分の開通を知りました。これほどの工事ですから開通の予定が決まれば大々的に告知され、当日は派手な開通式が行われると考えていたのですが、実際は日曜の朝6時にひっそりと開通したようです。
近所に住む私ですら驚いたのだから遠方から来ているドライバーなら尚更でしょう。開通直後は入り口付近で急な車線変更をしようとして周辺の車がクラクションを鳴らすということが多かったようです。


横浜方面に進む場合「南町田北交差点」が入り口となります。

f:id:minamimachida0706:20170102223815j:plain

f:id:minamimachida0706:20170102224318j:plain

ここの交差点のサンクスが最後のコンビニです。※現在はファミリーマートに変わっています。

f:id:minamimachida0706:20170102223832j:plain246号の高架部分をまたぐべく徐々に高度を上げていきます。

f:id:minamimachida0706:20170102223915j:plain自分で走ってみると眺めがよくて快適です。今までイライラしていた区間をスムーズに走れるのは実に気持ちのいいものです。

f:id:minamimachida0706:20170102224057j:plain最後の橋げたの設置工事の際は国道246号線を夜間通行止めにしていました。

f:id:minamimachida0706:20170102224115j:plain横浜町田ICへの進入路が引き続き工事中となっています。

f:id:minamimachida0706:20170102224205j:plain現在は町田方面からの高速の出入りは下の道を使用しますが、進入路が完成すれば高速の利用車も高架部分を使用することになるためさらに利便性が増すと思われます。


私はいつも8時半頃家を出るのですが、玄関前から高架部分を見ると大抵の場合はスイスイと流れているのがわかります。5日に1回くらい横浜に向かう上りの流れの悪い日がありますが、それでも以前の絶望的な渋滞に比べるとはるかに改善されたといってもいいでしょう。横浜から帰ってくる際も渋滞につかまることはなくなりました。
立体交差事業の進捗に合わせて南町田駅北口の駅前広場の工事が始まっています。駅前の「グランベリーモール」は2月で一旦閉店となり、約2倍の規模に建て替えられます。14年前に将来性を見込んで住み始めた街が今後どうなるか楽しみです。

 ◆休日に出かけよう。おススメのドライブコースの記事

minamimachida0706.hatenablog.com

minamimachida0706.hatenablog.com