酒と車と御朱印の日々

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!悲願は実現する!

【御朱印】杉本寺は鎌倉最古の寺院である

今回御朱印をご紹介する杉本寺は坂東三十三ヶ所巡りの1番札所です。

複数のお寺をお参りしてまわることを霊場巡礼とか札所めぐりとか呼びますが、その中で最も有名な巡礼が四国を一周する四国八十八か所巡りです。徳島の霊山寺から始まって香川の大窪寺まで全長1,000キロ以上。中には「遍路転がし」と言われる険しい山道や海岸線沿いの道など変化にとんだコースになっています。そして八十八か所回っただけでは終わりません。高野山奥の院へお参りして弘法大師に報告し、これでやっと結願となります。私は平成8年の夏から冬にかけて回りました。
同様の巡礼では関西の西国三十三か所、関東の坂東三十三か所、秩父三十四か所が有名です。


坂東三十三か所は鎌倉をスタートし、神奈川、埼玉、東京、群馬、栃木、茨城とまわり、最後は千葉の館山となっています。全ての札所をまわってから善光寺と北向観音にお礼参りをしなければならないというのは四国と同様です。高野山へ行かなければならないと知った時の私と同様に皆様「はめられた」とか「聞いてないよ」と感じるのではないでしょうか。
杉本寺は鶴岡八幡宮の前から東に延びる金沢街道沿いの浄妙寺や報国寺の手前に位置しています。

 

創建が734年と言いますから何と1300年近い歴史がある鎌倉最古の寺院と言われています。鎌倉で大火が発生した時にご本尊自ら境内の大杉の下に火を避けられたということで「杉の下の観音」と言われたことから現在の名前になったと言われています。


杉本寺は高台に位置している為仁王門まで長い階段を登らなければなりません。

f:id:minamimachida0706:20170710125913j:plain

山門を守る仁王は東大寺南大門の金剛力士像を制作した運慶の作と言われています。

f:id:minamimachida0706:20170710125932j:plain

f:id:minamimachida0706:20170710125951j:plain

報国時は竹林で有名ですが、杉本寺はこの苔の階段で有名です。鎌倉の石は柔らかいのですり減りやすく、一方で苔が付きやすいのだそうです。

苔を守るためか人が滑らないようにするためか、現在では通行禁止で横の階段を上ることになります。

f:id:minamimachida0706:20170710130011j:plain

茅葺屋根の本堂です。ここでは中に入って様々な仏像を直接拝むことが出来ます。

f:id:minamimachida0706:20170710130034j:plain

ここは坂東三十三ヶ所の1番札所ですから多くの方がここから巡礼を開始します。そのため一般的な物とは違う巡礼用の御朱印帳や掛け軸、白衣を揃える必要がある方もいらっしゃいます。四国霊場1番札所の霊山寺も門前は巡礼用品の店で賑わっていましたが、杉本寺でも階段を上がって右手の寺務所で揃えることができます。もちろん巡礼用ではない御朱印帳でも受け付けてくれます。


敷地は決して広いとは言えませんが茅葺屋根の本堂や仁王門のせいか、この空間だけ空気が引き締まっているようでした。以前ご紹介した茂林寺や明王院もそうでしたが、茅葺屋根の建物は周囲の雰囲気を変える力があるのかもしれません。

f:id:minamimachida0706:20170524154943j:plain

鎌倉最古の寺院にふさわしい美しい御朱印を頂きました。

◆杉本寺周辺にあるおススメ寺院の記事

minamimachida0706.hatenablog.com 

minamimachida0706.hatenablog.com

 

minamimachida0706.hatenablog.com