酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖御朱印〗江島神社のへつのみやでは銭洗いもできる

今回は江島神社の御朱印をご紹介します。

片瀬江ノ島から見た江の島江島神社は湘南海岸から相模湾に突き出した島の最も奥にある「奥津宮(おくつみや)」、中央の「中津宮(なかつみや)」、一番手前の「辺津宮(へつみや)」の三宮から成り、航海安全や交通安全などを祈願する神様として崇敬を集めている宗像三女神をそれぞれ各宮に祀っています。

仏教と神道が入り混じった江島神社の歴史

名だたる高僧が修行した岩屋の洞窟

江島神社は533年に欽明天皇(きんめいてんのう)の勅命により現在の岩屋の場所に神様を祀ったのが始まりといわれています。二つの洞窟からなる岩屋は江の島弁財天信仰の発祥地と考えられており、弘法大師や一遍、日蓮など名だたる高僧の修行の場となりました。

そして814年に空海が岩屋に本宮を造り、853年には慈覚大師が上之宮を創建します。1206年には、慈覚上人良真が鎌倉幕府三代将軍の源実朝に願って下之宮を造りました。

源頼朝が持ち込んだ弁財天信仰、江戸時代には仏教と習合

鎌倉時代には、岩屋に参籠して戦勝祈願を行った源頼朝が八臂弁財天と鳥居を奉納したことで戦いの神としての弁財天信仰が広まります。

江戸時代の泰平の世となると「戦いの神」から「芸能・音楽・知恵の神」として、また「福徳財宝の神」として信仰されるようになり、1649年には仏教との習合により金亀山与願寺と号します

明治になり純粋な神社に、御祭神も新たに祀る

明治になって神仏分離令が出されると仏式を全廃して改めて「江島神社」と号し、本宮は奥津宮、上之宮は中津宮、下之宮は辺津宮と改称して新たに御祭神を祀りました。

江戸時代から道幅が変わらない弁財天仲見世通り

江の島大橋と江の島弁天橋

江の島大橋と江の島弁天橋自動車用の端が江の島大橋で、歩行者用が江の島弁天橋です。

青銅の鳥居

江島神社の青銅の鳥居一番外側にある鳥居は1747年に造営され、1821年にたくさんの人々の寄進によって再建されたものです。もともとは第三の鳥居でしたが第一、第二は現存していません。正面の額は元寇に勝利した記念に、後宇多天皇から贈られた勅額の写しです。

弁財天仲見世通り

江島神社の弁財天仲見世通り参道の道幅は江戸時代から変わっていません。

朱の鳥居

江島神社の朱の鳥居昭和11年に再建されたものです。

瑞心門

江島神社の隋神門

江島神社の楼門で、一風変わった造りは竜宮城を模しています。

辺津宮への階段

江島神社の辺津宮への階段

江島神社の辺津宮への階段高低差の大きい江の島に三つの社殿が配された江島神社では至る所に急な階段があります。

エスカー

エスカー乗り場

一基目のエスカー階段がダメという方は「エスカー」と呼ばれるエスカレーター(有料)を利用することもできます。

下之宮と呼ばれる辺津宮

辺津宮

江島神社の辺津宮江島神社に祀られた三女神のうち、田寸都比売命を祀った辺津宮は、高低差のある江の島で一番低い位置にあるため下之宮と呼ばれています。鎌倉幕府三代将軍の源実朝が創建し、1675年に再建されました。

白龍池の白龍王

江島神社の白龍池と白龍王こちらで銭を洗います。白龍王が授ける清浄な水で不浄の念を洗い清めると、福徳がもたらされるとのことです。

奉安殿

江島神社の奉安殿

かつての江島信仰の中心だった八臂弁財天(はっぴべんざいてん)と、日本三大弁財天のひとつとして有名な裸弁財天の妙音弁財天(みょうおんべんざいてん)が安置されています。

八坂神社

江島神社の八坂神社

稲荷社・秋葉社

江島神社の稲荷社・秋葉社

御神木「むすびの樹」

江島神社の御神木「むすびの樹」二つの幹が一つの根で結ばれています。

展望台と階段

江島神社辺津宮の展望台展望台からは遠く葉山方面まで見渡せます。

中津宮までの階段中津宮までは再び急な階段を上がらなければなりません。

エスカー

2基目のエスカー乗り場

2基目のエスカー階段がダメという方は再び「エスカー」を利用できます。

朱色の社殿が印象的な中津宮

中津宮

江島神社中津宮の拝殿

三女神の内の市寸島比売命をお祀りしています。853年に慈覚大師により創建されたものを1689年に徳川五代将軍綱吉が再建し、本殿・幣殿・拝殿からなる元禄時代の権現造りの姿を再現しました。

本殿

江島神社中津宮の本殿

権現造の拝殿の裏には御祭神を祀る本殿があります。

水琴窟

江島神社中津宮の水琴窟本殿横の水琴窟では、水をすくって下の玉石部分に垂らすと美しい水音が響きます。

階段とエスカー

江の島展望灯台へ上がる階段

この先さらに階段を上がらなければなりません。

最後のエスカー乗り場

最後のエスカー階段がダメという方はもう一回だけ「エスカー」を利用できます。

江の島展望灯台と奥津宮への参道

江の島展望灯台

江の島展望灯台江の島の最上部にある江の島サムエル・コッキング苑内には江の島の象徴である江の島展望灯台があります。

江の島展望灯台から望む横浜ランドマークタワー中央部の奥にニョキッと立っているのが横浜ランドマークタワーです。

江の島展望灯台から望む箱根方面箱根方面の眺めです。

江の島展望灯台から見える範囲条件が良ければ筑波山まで見えるようです。

奥津宮への参道

奥津宮への下り階段

奥津宮への上り階段ここから奥津宮までは上り下りの厳しい参道があります。もうエスカーはありません。

「山二つ」

「山二つ」の眺め波で浸食されてできた洞穴の天井が陥没した跡です。

相模湾を臨む岩屋に一番近い奥津宮

石鳥居

江島神社奥津宮の石鳥居源頼朝が寄進したといわれています。

奥津宮の拝殿

江島神社奥津宮の拝殿

八方睨みの亀

江島神社奥津宮の八方睨みの亀本当にどこから見てもこちらを睨んでいるように見えます。これは平成6年に復元されたもので、実物は社務所にて保管されています。

奥津宮

江島神社の奥津宮三女神の内の多紀理毘売命をお祀りしています。現在の社殿は1842年に再建されたものです。

龍宮

江島神社奥津宮龍宮の鳥居

江島神社奥津宮岩屋本宮の真上にあたるところに平成五年に崇敬者により建てられたお宮です。

岩屋

立ち入りが禁止されている岩屋

立ち入りが禁止されている岩屋

江の島弁財天信仰の発祥の地である岩屋は台風の被害が激しく、現在立ち入りが禁止されています。(平成29年11月現在)

立ち入り禁止のお知らせ

都心から最も近い猫島である江の島

1980年ころから江の島では猫の数が急増し、島の至るところでその姿を見ることが出来ます。ほとんどのねこは人を恐れません。

江の島の猫

江の島の猫

島の側でも猫を観光資源としてとらえ、新たな名物としようという動きもあります。餌場を作る一方、募金により避妊手術を行うなど、野良猫がこれ以上増えないような対策を勧め、野良猫の地域猫化を進めているそうです。

御朱印

御朱印は辺津宮の横の社務所で頂けます。

江島神社の御朱印

江の島神社と江島弁財天の2つの御朱印を並べて、真ん中に「奉拝」と書かれた見開きの御朱印を頂きました。

◆江の島周辺でいただける御朱印の記事

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

最後までお読みいただきありがとうございます。

スマホでご覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

※はてブの所をポチっとしていただけると励みになります