酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

松屋のカレーは本格的で驚くほど旨い。しかし味噌汁とは合わないと思う。

今日はお昼に何を食べようかと悩むことはサラリーマンにとって一日の中で数少ない楽しみと言えるかもしれません。しかし忙しい時や難問を抱えている時などはそういうことにエネルギーを使うのがもったいなく、とにかくさっさと食ってさっさと一休みしたいと思ってしまいます。そのような精神状態の時はいつも会社のそばの松屋に入ります。

f:id:minamimachida0706:20161125221444j:plainプレミアム牛めしやおろしポン酢牛めしが定番メニューで必ず豚汁変更をしております。変化が欲しい時は鶏のチリソース定食といった期間限定の定食を頼むときもありますが、最近ではカレーを注文することが増えました。牛めしの店でありながら、意外なことに松屋のカレーは本格的で美味しいのです。


町田に通勤するようになったばかりの今年の4月、期間限定メニューだった「ごろごろチキンカレー」の看板に惹かれて頼んだのが最初ですが、神保町の専門店にも引けをとらない味が安価で味わえたことに驚きました。松屋は会長が大変なカレー好きで、会社としてカレーにこだわっているという話は聞いたことがありますが、実際に食べてみると単なる牛丼屋の万人向けのサイドメニューというのではなく、スパイスの効いた本格的な味でした。「ごろごろチキンカレー」は期間限定だったため程なくメニューから消えましたが、それ以降も定期的にカレーを頼むようになっています。


最近お気に入りはハンバーグカレーです。「今から焼きますので少しお待ちください」ということでしたので、焼き立てのハンバーグのようです。

f:id:minamimachida0706:20161125221514j:plain

いちいちカレーをボウルからすくってご飯にかけるのはチマチマしていて好きではありません。スプーンでハンバーグを適当な大きさに切り刻み、全体を一気にご飯にかけます。これで準備完了で、あとはひたすら食べるのみです。

f:id:minamimachida0706:20161125221603j:plain松屋という店の特性上蒙古タンメン中本の北極ラーメンやココイチの3辛というような辛さではありませんが、それでも十分にスパイスの効いた辛さを感じることができます。

 辛さの中に甘さもあります。小麦粉を炒めてスープで伸ばしたタイプではなく、野菜を丹念に炒めて裏ごししてできたとろみを感じるサラサラしたカレーですココイチの3辛と違い汗びっしょりになることはありませんが、おいしくいただきました。これで590円ですから驚きです。

f:id:minamimachida0706:20161125221730j:plain松屋のメニューには全て味噌汁が無料でついてきますが、これはカレーも例外ではありません。松屋は味噌汁を無料でつけることにより他社と差別化したということで、味噌汁にこそ松屋が急成長した理由があるとまで言われています。しかし私は思います。カレーには味噌汁は合いません出されたものは残さないことにしているので必ず飲みますが、これだけは何とかしてほしいものです。

 ◆CoCo壱番屋の辛さについて書いた記事

minamimachida0706.hatenablog.com 

◆「ごろごろチキンカレー」がついに復活した記事

minamimachida0706.hatenablog.com