酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

「コクがあるのにキレがある」シーバス・リーガルを手軽に飲めるようになったのは外圧のおかげだった

道に迷って1時間半ぐるぐる探しまわってやっと見つけたBARでシーバースの水割りを注文しようとする男と「サケ飲みのマナーとして」水割りは止めさせて何としてもストレートで飲もうとする友人。二人が言い争っている所に常連のメガネさんがやってきて「シーバースの水割りちょうだい。うんと薄くしてね。」と注文する。私の酒の教科書である古谷三敏作「BARレモンハート」の記念すべき第1巻の第1話はこのような話になっています。

 

BARレモン・ハート : 1 (アクションコミックス)

BARレモン・ハート : 1 (アクションコミックス)

 

 高級ウィスキーと言われて大抵の人が思い浮かべるのがジョニ黒でシーバス・リーガルを思い浮かべるのは少し酒に詳しい方ではないでしょうか。BARで「ウィスキーは何にしますか?」と聞かれた二人組に「ジョニ黒」ではなく「シーバース」と答えさせている作者にとってもシーバス・リーガルは詳しい人が飲む酒だったのだと思います。


度重なる外圧により酒税が大幅に修正された結果、かつては大卒新入社員の初任給の数ヶ月分の価格だったという高級スコッチウィスキーを我々は手軽に飲めるようになりました。あの吉田茂がイギリス大使時代から晩年まで愛飲していたというシーバス・リーガルも、現代では1本2,500円前後で飲むことができます。トランプ大統領の時代になったら「自動車や在日米軍のことよりも日本のビールの税金について外圧をかけてくれないかなとつい思ってしまいます。


1本1,500円前後のウィスキーばかり飲んできたのでシーバス・リーガルを飲むのは久しぶりです。

f:id:minamimachida0706:20161122213254j:plain

ボトルの形のせいなのかラベルの色のせいなのか、これまで飲んできたどの酒よりも琥珀色のオーラが出ているように思います。両手でしっかりと持ってじっと見つめ続けていたくなるようなボトルです。


いつものようにトワイスアップで飲みます。割る水は九頭龍神社の竜神水です。

f:id:minamimachida0706:20161122213330j:plain一口飲んで「うわっ!」と思いました。これまで飲んだどの酒よりもとにかく味が濃いのです。コクがあるのにすっきりとしていて、ピリピリとした刺激はまったくありません。特徴としてはバランタイン12年に似ていますが、バランタインよりも濃厚ですコクがあるのにキレがある」というのはスーパードライが登場する以前のアサヒビールのキヤッチコピーですが、これがそのまま当てはまる気がします。ウィスキーのプリンスと呼ばれているそうですが、それもまた頷けます。


シーバス・リーガルは12年以上熟成した原酒をブレンドしていますが、これが21年以上になるとローヤルサルートになります。大抵の酒屋に並んでいるシーバス・リーガルと違い、こちらはそう簡単に手に入るものではありません。近所のドンキ・ホーテでも高級ブランド品を集めた一角の鍵のかかったガラスケースの中にありました。当分手が出せそうにありません。

 ◆日本で高級洋酒と言ったら何と言ってもジョニ黒という記事

minamimachida0706.hatenablog.com

 ◆日本で最もメジャーなスコッチであるバランタインファイネストの記事

minamimachida0706.hatenablog.com

 未成年の飲酒は法律で禁じられています。健康のため飲み過ぎには注意しましょう。