酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖御朱印〗浄妙寺では鎌倉でトップクラスの抹茶と和菓子を頂ける

今回は鎌倉の浄妙寺の御朱印をご紹介します。

浄妙寺は鶴岡八幡宮の真ん前から東に延びる金沢街道を約1.5㎞程進んだ場所にあり、周辺には杉本寺や報国寺といった有名な寺院があります。「浄明寺」バス停が近くにあって便利ですが、歩いてもそれほど苦労せずにたどり着きます。

浄妙寺の山門です。

f:id:minamimachida0706:20170728153628j:plain

境内はこのようになっています。

f:id:minamimachida0706:20170728153645j:plain

本堂まで一直線に参道が伸びています。

f:id:minamimachida0706:20170728153716j:plain

参道は美しい緑に挟まれています。

f:id:minamimachida0706:20170728153745j:plain

花の季節を迎えると大変に綺麗だそうです。

f:id:minamimachida0706:20170728153828j:plain

浄妙寺の本堂です。

f:id:minamimachida0706:20170728153858j:plain

浄妙寺は、頼朝の重臣・足利義兼が1188年、退耕行勇を開山として建立したお寺です鎌倉五山の第五位の寺院として知られており、最盛期には23か所の塔頭を有する大寺院でした。かつての敷地は現在では「浄明寺」という地名に残されていますが、現在の鎌倉市浄明寺は1丁目から6丁目まであり、地図を見比べると皇居と同じくらいの広さがあります。

かつて足利尊氏が弟の直義を幽閉した延福寺も浄妙寺の敷地内にあったといいます。もともと足利幕府は尊氏が支配権を持つものの実務は直義が執るという性格を帯びていましたが、一心同体だった兄弟がそのうち仲たがいしました。まず弟が裏切って南朝と組んで兄を降伏させて実権を握りますがすぐに立ちいかなくなります。今度はそれを見ていた兄が南朝と組んで弟を降伏させて幽閉し、最終的には毒殺してしまったと言います。

足利幕府第三代義満の時代が最盛期だったと言いますが、敷地に隣接して鎌倉公方屋敷があったことから寺も度々戦乱に巻き込まれ、火災などのために多くの建物は焼失し、現在残っているのは総門、本堂、客殿、庫裡など一部に留まります。

 

本堂内部です。その堂々としたたたずまいは寺院としての格の高さを感じさせます。

f:id:minamimachida0706:20170728153923j:plain

本堂からの眺望です。山門の奥に衣張山を望むことができました。

f:id:minamimachida0706:20170728153945j:plain

浄妙寺の境内にある茶堂「喜泉庵」では枯山水の日本庭園を鑑賞しながら抹茶と和菓子を楽しむことができます。

f:id:minamimachida0706:20170728154200j:plain

中に入ると、書院造の和室の向こう側に美しい枯山水の庭園を望めます。

f:id:minamimachida0706:20170728154217j:plain

喜泉庵の日本庭園です。

f:id:minamimachida0706:20170728154234j:plain

こちらには水琴窟もあります。

f:id:minamimachida0706:20170728154256j:plain

抹茶と和菓子です。和菓子は上生菓子と干菓子から選べますが、上生菓子は鎌倉の老舗和菓子屋「美鈴」のものです。

f:id:minamimachida0706:20170728154312j:plain

この日は帽子が手放せないくらい日差しのきつい暑い日でしたが、室内を吹き抜ける風が大変に心地よく、冷房など不要でした。

御朱印集めで神社や寺院をまわるようになってからあちこちで抹茶と和菓子を頂いていますが、喜泉庵は円覚寺の如意庵と並び鎌倉でもトップクラスだと思います。

 

「浄明寺」バス停で下車する観光客の大半はミシュラン三ッ星の報国寺の方にいってしまいますが、浄妙寺ももっと注目されてよいのではないかと思います。

御朱印は山門脇の拝観受付で頂けます。

f:id:minamimachida0706:20170728154701j:plain

歴史ある寺院にふさわしい御朱印を頂きました。

 

◆鎌倉五山第一位の建長寺と第二位の円覚寺の記事

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

 ◆鎌倉最大の穴場スポットである長寿寺の記事

www.goshuinbukuro.com