酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

ホンダウェルカムプラザに展示しているマクラーレン・ホンダを見ていてアイルトンセナを思い出した。

今日は信濃町の明治記念館で開催されていた業界団体によるセミナーに参加した関係で、普段はなかなか利用することのない青山1丁目から半蔵門線経由で帰宅しました。
車好きにとっては青山1丁目と言えばホンダウェルカムプラザです。ホンダの本社ビル1階に設けられたこのショールームでは様々なイベントや特別展示が行われていますが、今日は昨年のF1で使用されたマクラーレン・ホンダMP4-30の実車が展示されていました。


かつてマクラーレン・ホンダが全盛だった80年代後半から90年代前半にかけて私もF1に狂っていましたが、最近は全く見なくなりました。今ではどんなレギュレーションでどのクルマが強いのかも全くわかりません。あの赤白の車体の時代と比べると全然大したことはないはずですが、それでもF1の実車を前にするとやはり血が騒ぎます。
クルマの全景です。

f:id:minamimachida0706:20161115211130j:plain遠くから全体を見るとかっこいいと思いますが、細部ではなんかゴテゴテしているように感じました。年間16戦の内15勝と圧倒的な強さを見せたMP4/4のシンプルな美しさが忘れられません。


右リアからの姿です。最近ではあの「POWERD by HONDA」のマークは無くなってしまったのですね。

f:id:minamimachida0706:20161115211208j:plainノーズ部分からです。車体が随分と複雑な形になっているのがよくわかります。

f:id:minamimachida0706:20161115211228j:plain搭載されているエンジンです。1.6リッターでいつの間にかターボエンジンが復活していたのですね。

f:id:minamimachida0706:20161115211246j:plainタイヤはピレリです。日本のENKEIのホイールを使用していました。

f:id:minamimachida0706:20161115211307j:plainコックピットの中を覗きたかったのですが、柵の外からだと目いっぱい手を伸ばしてもこれが限界でした。

f:id:minamimachida0706:20161115211335j:plain11月は土日祭日でコックピット体験ができるイベントを開催中ということですが対象は小学生以下のお子様とのこと。50代のおっさんはとても相手にしてくれそうもありません。


私がF1に興味を持つようになったのは中嶋悟がF1デビューした翌年の1988年からです。もっぱらテレビで見るだけでしたが、翌89年の日本グランプリのチケットを手に入れることができ、鈴鹿サーキットで生で見てから完全にはまりました。


ヘアピンコーナーで見ていたのですが、ここでは1速までシフトダウンしてカーブを抜け、その後フル加速していくところを見ることができます。その時の腹に響いてくる排気音の迫力は凄まじいもので、特にスタート直後は26台が一度に来るため、空気が震え隣の人の声が全く聞こえず、周囲は雷雲の中にいるかのような雰囲気になります。
スタンドから見るとクルマはちょうどミニカーくらいの大きさですが、それがとてつもないスピードで走るためカーナンバーは判別できません。激しくチャンピオン争いをしていたアラン・プロストとアイルトン・セナはともにマクラーレン・ホンダの赤白の車体でしたが、この二人を見分けるにはヘルメットの色を見るしかありませんでした。


実際のレースはプロストとセナがレース終盤にシケインで接触して2台ともコースアウトするというショッキングな展開となりました。すぐにクルマから降りたプロストに対しチャンピオンになるには残り2レースを連勝するしかないセナは執念でコースに戻ります。ピットで破損したフロントウィングを交換したセナはその間トップに立っていたイタリアのナニーニを鬼神のごとき走りで追撃し、何と残り2周のところでこれを抜き去ったのです。このときセナの車からは本当にオーラを感じました。


プロストと接触した後コースに戻る際にシケインをショートカットしたということで、このレースではセナは最終的に失格になるのですが、このとき見せてくれたファイティングスピリットにはしびれました。(セナとプロストは翌年の日本グランプリで今度はスタート直後に接触して2台ともリタイアしました。これは完全にプロストへの報復だったと思います。)


その後時代がミハエルシューマッハのものとなる中でセナはレース中の事故で死に、それと同時に私のF1への関心も急速に薄れていきました。今思えば私はF1のファンだったというよりもセナのファンだったのだと思います。F1の記録のほとんどはシューマッハが持っていると思いますが、私の記憶に残っているのは赤白の車体と黄色に緑のヘルメットです。

 ◆併せてぜひお読みいただきたいおススメ記事

minamimachida0706.hatenablog.com

minamimachida0706.hatenablog.com