酒とうどんと御朱印の日々

酒好きの不動産ライター兼旅ライターによる渾身のブログ

〖熟成〗バランタイン12年は氷を入れても美味い

スコッチウィスキーの中で人気の点でジョニーウォーカーと双璧をなすのがバランタインです。最もスタンダードな「バランタインファイネスト」は既にご紹介しました。 今回は1ランクアップした「バランタイン12年」をご紹介します。

スポンサードリンク

 

全ての原酒が12年以上熟成されている

バランタイン12年ここで言う12年というのは最低で12年ということです。「バランタイン12年」は40種類以上の原酒をブレンドしていますが、その全てが12年以上樽の中で熟成されているということになります。

サントリーの山崎蒸留所の貯蔵庫を以前見学したことがありますが、窓を開け放ち完全に周辺の空気と一体化した貯蔵庫内に多くの樽が置かれていました。樽は呼吸しますから貯蔵庫が置かれた場所の気候風土はウィスキーの品質に重大な影響を及ぼすのです。

スポンサードリンク

希少部位である一本釣りのびん長まぐろの「とろ」のみを使用した1尾より1缶しか製造できないツナ缶。

ストレート

ストレートまずはストレートで飲みます。

ジョニーウォーカーに感じるようなスモーキーさはありませんが、グレンフィディックに似たフルーティーさがあります。コクと厚みのある味わいを感じますが、ピリピリとした刺激は感じられません。

ロック

ロックストレートよりトロリとしてきました。口当たりが良くなり喉へ滑るように流れ込んできます。氷を入れることにより甘みを感じられるようになりました。

水割り

次いで水で割ります。

バランタイン12年と南アルプスの天然水併せる水は南アルプスの天然水です。

トワイスアップ(1対1で氷を入れない)

トワイスアップ水で割ることによりいい感じに柔らかくなりました。滑らかな味わいでフルーティーさと甘さがまだ残っています。

ハーフロック(1対1で氷を入れる)

ハーフロック氷を入れて冷やすと味が引き締まり、スッキリとしたバランスの取れた味わいになりました。その分だけコクは無くなったかもしれません。

スコッチの中には氷を入れるとぶち壊しになるものが幾つもありますが、バランタイン12年にそういった要素はありませんでした。

ハイボール

炭酸が加わることにより甘味・酸味・苦みが加わり味に深みが出てきたように感じます。ゴクゴク飲めます。

ハイボール

バランタイン12年は氷を入れても美味い

聞いたところによるとバランタイン12年は日本市場向けに水割り用として開発されたと言います。氷をいれて美味いと思えたのにはそのような背景もあるのかもしれません。

スコッチウィスキーに強烈な個性を求める人にとっては少し物足りないかもしれませんが、恐らく誰からも嫌われない味わいではないかと思います。美味しい日本酒を形容して「水のようにすいすい飲める」という表現がありますが、バランタイン12年にもこの表現があてはまるのではないでしょうか。

近所のドン・キホーテでは1本1880円で買えました。コストパフォーマンスとしては素晴らしいものがあります。1ランク上のバランタイン17年は「ザ・スコッチ」とまで呼ばれていますが、これは1本5480円でした。これはとても手が出せません。

スポンサードリンク 

ツナ缶原料として最高級の日本で水揚げされた一本釣りのびん長まぐろとイタリア料理で最高級のエキストラバージンオリーブオイルを使用した究極のおつまみ。ウィスキーには動物性たんぱく質が合う

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 未成年の飲酒は法律で禁じられています。健康のため飲み過ぎには注意しましょう。

◆バランタインファイネストはトワイスアップが美味かったという記事

www.goshuinbukuro.com

◆スコッチウィスキーの原点であるザ・グレンリベット

www.goshuinbukuro.com

◆琥珀色のオーラが出ているシーバスリーガル

www.goshuinbukuro.com

◆同じく日本市場専用に開発されたホワイトホース12年

www.goshuinbukuro.com