酒と車と御朱印の日々

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!悲願は実現する!

東急線沿線に展開する「しぶそば」の「おすすめ天そば」は天ぷらが素敵な味だった

先日は京急線沿線で展開する「えきめんや」の旨ねぎ秋刀魚おろしそばをご紹介しました。

町田に住む私にとって京急線は乗ることが少ない路線であるためこれまで利用したことのない店でしたが何とも素敵な味でした。


小田急線沿線の「箱根そば」、京急線沿線の「えきめんや」と駅そばをご紹介してきましたが、灯台下暗しとでもいいましょうか、南町田駅近隣に住む私が東急線沿線に展開する「しぶそば」のことを抜かしておりました。
私は中央林間店の前は毎日通っていますが、食事をするということになるとついつい「箱根そば」「C&Cカレー」「大阪王将」といった店を選んでしまいます。長津田にもありますが、横浜線から乗り換えるとさっさと帰る方を選んでしまうので、こちらも利用したことがありません。
これだけ駅そばのことを書いているのですからこれ以上しぶそばを無視することはできません。とりあえず食べてみて、美味しくなければブログに書かないというそれだけのことです。(かつて大阪王将の「ローストビーフまぜそば」がこの運命をたどりました。)

 「箱根そば」や「C&Cカレー」の前を素通りし、田園都市線の改札を抜けて「しぶそば」に到着しました。

f:id:minamimachida0706:20161104220153j:plainこれまで素通りしつつもこの「おすすめ天そば」の看板は気になっていました。

f:id:minamimachida0706:20161104220215j:plain丼の類は頼まず、「おすすめ天そば」の大盛りを注文することにします。

f:id:minamimachida0706:20161104220304j:plain駅そばではありますが渋そばの場合立ち食いではなくテーブル席です。カウンターの向こう側を見ると生そばを茹で、天ぷらをせっせと揚げています。少しだけ待ちましたが「おすすめ天そば」が出てきました。

f:id:minamimachida0706:20161104220327j:plainまず見た目ですが、駅そばでありながら決して老舗のそば屋に負けていないと思いました。旨ねぎ秋刀魚おろしそばのようなカラフルさはありませんが、その分渋い雰囲気が出ています。
食べてみると天ぷらの旨さに驚きました。白身魚のほうぼう、なす、ししとう、どれもいい感じに揚がっていて、それが出し汁を吸って一層美味しくなっています。そばも堂々たる味わいです。
東横線の渋谷駅がまだ地上にあった時、東急百貨店の2階にあったそば屋にちょくちょく行っていました。埼京線の改札の前を通り、階段を降りて左の店です。暑い時にざるそばが素敵に美味しいかった店でしたが、今回気になって調べたところ、この店がしぶそばの本家でした。そうであるなら中央林間のこの店も美味しくて当然です。
大変美味しく頂きました。

f:id:minamimachida0706:20161104220400j:plain箱根そばをご紹介した際、私の中でのそば屋の順位付けをしましたが、現時点では以下の通りに変わりました。
「えきめんや」≧「しぶそば」=「箱根そば」≧「富士そば」>「ゆで太郎」
駅そばも一層洗練されたものになってきました。これと真逆で、しかも不思議においしい東神奈川駅の日栄軒にも行ってみたいと思います。

 

◆併せてぜひお読みいただきたい他路線の駅そばの記事

minamimachida0706.hatenablog.com

minamimachida0706.hatenablog.com