酒と車と御朱印の日々

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!悲願は実現する!

【御朱印】鶴岡八幡宮の本宮から街を一望して思ったこと

鎌倉で最もメジャーな観光スポットである鶴岡八幡宮の御朱印をご紹介します。鎌倉で最も有名な観光スポットと言えば大仏のある高徳院か鶴岡八幡宮になるでしょう。

 

御朱印集めをするようになって1年半になります。社員旅行の際立ち寄った出雲大社という例外はありますが、それ以外は首都圏に限られています。この点に関しては京都・奈良に日帰りでいける関西の方がうらやましくてしょうがありません。幸いなことに鎌倉には比較的容易に行けるので、鎌倉をまわることがどうしても多くなります。

f:id:minamimachida0706:20161018205312j:plain

鶴岡八幡宮は八幡神と呼ばれる応神天皇、比売神、神功皇后を御祭神とする神社です。
八幡神は源氏、平氏を問わず武家に信仰されました。平将門の乱が発生した際、石清水八幡宮で鎮圧が祈願されましたが、無事平定に成功したことから国家鎮護の神として崇められ、源氏は八幡神を氏神とまで定めます。源頼義は石清水八幡宮で元服し自らを「八幡太郎義家」と名乗りますが、後に石清水八幡宮を現在の材木座に鶴岡若宮として勧請しました。


このように八幡神は武家を王朝から解放する大きな役割を果たしたとされ、武家の守護神として奉じられるようになります。源頼朝が平家打倒のため鎌倉に入ると鶴岡若宮を現在の地に移し、こうして鶴岡八幡宮としての歴史が始まりました。

 

現在では八幡宮と呼ばれる神社は全国に1万~2万あると言われ、稲荷神社に次いで第2位の数になります。総本社は大分の宇佐八幡宮で、鶴岡八幡宮は宇佐八幡宮、石清水八幡宮と並び三大八幡の一つに数えられています。もっとも「三大〇〇」の常で宇佐と石清水はどれも共通していますが三つ目を福岡の筥崎宮とする数え方もあるようです。

 

若宮大路の二の鳥居です。ここから三の鳥居まで中央部が一段高くなった段葛(だんかずら)が伸びています

f:id:minamimachida0706:20161018205549j:plain鎌倉を代表する観光地であり、常に大勢の人で賑わっています。

f:id:minamimachida0706:20161018205610j:plain舞殿です。

f:id:minamimachida0706:20161018205635j:plain強風で倒れてしまった大銀杏に変わる新たなご神木を育成中です。

f:id:minamimachida0706:20161018205655j:plain大石段を上ると本宮です。

f:id:minamimachida0706:20161018205714j:plain本宮からは市内を一望できますが、景観の美しさが印象的です。

f:id:minamimachida0706:20170402145218j:plain

御朱印集めで神社仏閣をまわっていると、由緒正しい寺院の周囲にそれを見下ろすような高層建築が並んでいるような光景によく出会います。


私はかつてマンション用地の仕入れ業務に携わったことがあります。当時やっとの思いで逗子の海沿いの土地情報を入手したにもかかわらず、「逗子はやめよう」という部長の一言で一蹴されてしまったことがありました。市役所で調べてみるとこのあたりで高層建築物を建てるには条例で非常に高いハードルが設定されていました。
景観というものは一度壊してしまうと取り返しがつきません。かなりの困難が伴うとは思いますが、これまで守り続けてきた景観を今後も維持しつづけてほしいと思います。


昨年5月にお参りした際頂いた御朱印です。ここでは鎌倉七福神の御朱印も頂けます。

f:id:minamimachida0706:20170517094642j:plain

しっかりとした書体のオーソドックスな御朱印を頂きました。

 ◆鶴岡八幡宮の前からひたすら東に進んだ先に位置する光触寺

minamimachida0706.hatenablog.com

 ◆鶴岡八幡宮と同様にメジャーな観光スポットである鎌倉大仏の記事

minamimachida0706.hatenablog.com