酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖乃木坂46〗浄智寺の御朱印と和の世界観

今回は鎌倉五山第4位の浄智寺の御朱印をご紹介します。境内には昭和に建て直されたとはとても思えないような独特な雰囲気あり、和の世界観を満喫できる場所であることから乃木坂46のジャケット写真の撮影にも使用されています。しかし全盛期には現在の円覚寺に匹敵する規模を誇っていました。

浄智寺の由緒

浄智寺は鎌倉幕府第5代執権であった北条時頼の三男である宗政が29歳でなくなったことを悼んで兄の時宗が1283年に創建したものです。瑞泉寺を創建し庭も設計した夢想疎石のような高僧も住持し最盛期には七堂伽藍を供えるなど、最盛期には現在の円覚寺に匹敵する規模を誇ったと言われています。近年に発掘調査の夜と源氏山の山頂の天柱峠のあたりまで人の手が加わった形跡があるようです。

和の世界観を感じることができる浄智寺

浄智寺は江戸時代になって鎌倉という都市の衰退と併せて衰え、そして関東大震災により伽藍の大半が倒壊しました。しかし境内には昭和に建て直されたとはとても思えないような独特な雰囲気あり、和の世界観を満喫できることができます。

そのためモヤモヤさまぁ~ず2などテレビの撮影にもよく使われ、先日お参りした時には乃木坂46の西野七瀬と斎藤飛鳥がジャケット写真の撮影をしているところに出くわしました。メンバーが出演する薙刀をテーマにした映画の主題歌であることから和の世界観を重視し、映画のワンシーンとなるような撮影場所を選んだということです。

浄智寺の御朱印

御朱印所

御朱印所は拝観コースの一番最後にある社務所でいただけます。こちらではご本尊「曇華殿」、鎌倉十三佛第六番「弥勒菩薩」、鎌倉江ノ島七福神「布袋尊」、鎌倉三十三観音第三十一番、鎌倉二十四地蔵第十二番という全五体の御朱印を頂けるようです。

受付時間9:00~16:30

志納金300円

御朱印

今回はご本尊「曇華殿」の御朱印のみ頂きました。

浄智寺の御朱印柔らかな筆跡の大変に美しい御朱印です。

日常からいきなり非日常の「和の世界」へ

浄智寺は地図で見ると横須賀線の線路の手前にありますが、近づいているはずなのに一向にその気配がありません。直前までこのような状況です。

横須賀線沿いのバス通りバス停の奥の角を曲がるといきなり浄智寺の惣門が目に飛び込んできます。

非日常の入り口である浄智寺の惣門住宅街という日常の世界から非日常の和の世界に一瞬で切り替わるのですが、惣門がその入り口となっています。

浄智寺惣門の「寶所在近」と書かれた額「寶所在近」と書かれた額が掲げられていますが、ここで言う寶所とは悟りの世界の彼岸であり極楽浄土のことを意味します。極楽は遠くにあるものではなく自己の境地の中にある。自分の心の中に極楽を築くよう修行しなければならず、現実から逃げてはいけないという意味のようです。

鎌倉十井の一つ「甘露の井」浄智寺の惣門の前の井戸は鎌倉十井の一つで「甘露の井」と呼ばれています。水が蜜のように甘いことから名付けられました。道路工事の影響で水脈を痛めてしまったことから、水の出が悪くなり飲み水としては適さないそうです。

和の世界を満喫できる浄智寺の境内

撮影場所となった石段

乃木坂46のWセンターが撮影を行っていた石段惣門を抜けると何とも素敵な階段があり、登りきると山門です。乃木坂46のWセンターが撮影を行っていたのはこの場所です。両端をしっかりとガードされていたため隣の車道から遠巻きに見るしかありませんでした。

曇華殿

本殿である浄智寺の曇華殿山門を抜けると曇華殿(どんげでん)があります。

阿弥陀如来(過去)、釈迦如来(現在)、弥勒菩薩(未来)の三世仏向かって左から阿弥陀如来(過去)、釈迦如来(現在)、弥勒菩薩(未来)の三世仏がまつられています。

書院

浄智寺の書院仏殿の裏には書院があります。

撮影場所となった書院こちらもジャケット写真の撮影場所となったようです。

森に囲まれた境内

森に囲まれた浄智寺の境内鎌倉五山の他の寺院と異なり、うっそうとした森の中に囲まれており、それが独特の雰囲気を出しています。

やぐら

横穴式の「やぐら」境内にはがけを削った横穴がいくつもありますが、鎌倉から室町時代にかけて鎌倉で掘られた横穴式の納骨窟または供養堂である「やぐら」です

供養塔が納められた「やぐら」平地の少ない鎌倉が人口数万から十万人とも推定されるほどに都市が膨れあがったことにより、墓地としてのスペースを確保するために掘られました。

やぐらに安置された観音様やぐらの中には観音様もいらっしゃいます。

布袋尊

布袋尊に向かうトンネル七福神の一つ布袋さんがトンネルの奥でお待ちです。

布袋尊像布袋さんのお腹をなでると元気になるそうです。

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 スマホでご覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。

 ※はてブのところをポチっとしていただきますと励みになります。

◆同じ北鎌倉に位置する他の鎌倉五山の記事

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

www.goshuinbukuro.com

◆乃木坂46ファンの聖地となっているラーメン屋の記事

www.goshuinbukuro.com