酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖雷鳥〗ザ・フェイマスグラウスはロックがおススメである

今回はザ・フェイマスグラウスをご紹介します。

ウィスキーの本場であるスコットランドでは当然のことながら数多くの個性的なウィスキーが発売されていますが、その中でザ・フェイマスグラウスは30年以上にも渡って人気ナンバーワンの座を守り続けてきたウィスキーです。

スコットランドで人気ナンバーワンのザ・フェイマスグラウス

「あの雷鳥の酒をくれ」で今の商品名になった

グラウスとは雷鳥のことですが、スコットランドの国鳥をラベルに描いているのですから自信のほどが伺えます。発売当初の1896年には単に「Grouse」と呼ばれていましたが、1905年から現在の名前に変えています。大変な人気ウィスキーとなって、パブで「あの雷鳥の酒をくれ」と大勢の人が頼むようになったことから、「The Famous Grouse(あの有名な雷鳥)」という名前になったという伝説まで残されています。1984年にはロイヤル・ワラント(英国王室御用達)の栄誉を授かりました。

ファーストフィル・シェリー樽による貯蔵熟成

ザ・マッカランやハイランドパークといったモルトウィスキーをグレーンウィスキーとブレンドし、ファーストフィル・シェリー樽というシェリー熟成に使用した直後の樽で貯蔵熟成しています。

シェリー樽は通常何度も熟成に使用され ますが、ファーストフィルのシェリー樽で貯蔵熟成した場合よりはっきりとしたシェリー由来の味わいを感じることができるといいます。

ストレート

ザ・フェイマスグラウスのストレートシェリー由来なのか、独特の甘い香りを感じます。濃厚でコクのありバランスの取れた味わいで、アルコールのピリピリした刺激を若干感じました。

ロック

ザ・フェイマスグラウスのロック氷を入れて引き締まったことにより、甘さを強く感じるようになりました。濃厚な味わいはそのままで、氷を入れて薄まったという感じは全くありません。飲み込んだ後の後口も強いものがあります。アルコールによるピリピリ感が無くなって滑らかな舌触りになりました。

水割り

ザ・フェイマスグラウスといろはすの天然水次いで水で割ります。合わせる水はいろはすの天然水です。

トワイスアップ(1対1で氷を入れない)

ザ・フェイマスグラウスのトワイスアップロックの場合よりも柔らかくて丸い甘さを感じます。うまい具合にバランスのとれたまとまった味で、自然にスイスイ飲めます。ロックの時と同様に、水で薄まったという感覚は全くなく、引き続き濃厚な味わいです。

ハーフロック(1対1で氷を入れる)

ザ・フェイマスグラウスのハーフロックこれまでの飲み方に共通した濃厚な味わいから一転してスッキリ爽やか系の味わいになりました。ストレート、ロック、トワイスアップに共通した個性が消えてしまったように思っていましたが、これはこれでありではないかと最近では思うようになりました。

フェイマスグラウスはロックがおススメである

飲み方を変えると全然違う味わいになりましたが、1本1000円台前半のウィスキーとしてはかなりハイレベルで、スコットランドで人気ナンバーワンだけのことはありました。引き締まった味が好みであればロック、柔らかい味が好みであればトワイスアップがいいと思いますが、私の好みとしてはロックをお勧めします。

★最後までお読みいただきありがとうございます。

 未成年の飲酒は法律で禁止されています。健康のため飲み過ぎに注意しましょう。

 ※はてブの所をポチっとしていただきますと励みになります。

◆ダブルマリッジ製法で上質のスコッチを手軽な価格で飲めるホワイト&マッカイ

www.goshuinbukuro.com

◆発売開始時は超高級酒だったスーパーニッカ

www.goshuinbukuro.com

 

◆高級和菓子のような味わいが楽しめるグレンエリス

www.goshuinbukuro.com

 

◆コストパフォーマンスに優れたデュアーズ

www.goshuinbukuro.com