酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

〖御朱印〗愛宕神社の出世の石段は下りで利用してはいけない

今回は愛宕神社の御朱印をご紹介します。

愛宕神社は「天然の山としては東京23区最高峰」である愛宕山の山頂に位置しており、海抜26mの高さになります。これはあくまで自然地形で山と呼ばれる中で最高峰ということです。

愛宕山を「23区最高峰」と紹介した記事をよく見ますが、「上野の森」から始まる武蔵野台地の大半は海抜30m以上の場所にあり、また人工の山としては新宿区の戸山公園内に高さ44mの箱根山があります。

 

ビルやマンションなら9階くらいの高さになるため、高い建物が存在しなかった江戸時代には眺望の素晴らしさで有名な場所であり、明治になると「汽笛一斉新橋をはや我が汽車は離れたり」で始まる鉄道唱歌の第1集第1番にも愛宕山は登場します。(愛宕の山に入り残る月を旅路の友として)

 

有名な「出世の石段」です。鳥居の色が以前と変わっています。

f:id:minamimachida0706:20170831231648j:plain

上から見下ろしてみました。もはや壁といってもよい角度です。出世の石段は至る所で紹介されていますが、この角度の写真はほとんどないのではないでしょうか。

f:id:minamimachida0706:20170831231725j:plain

出世の石段という名前は、愛宕山の山上に咲く梅の花を徳川家光に献上するために、馬に乗ったまま石段を往復した曲垣平九郎の故事に由来します。

平九郎は家光より「日本一の馬術の名人」と讃えられ、その名は一日にして全国にとどろいたことから、平九郎を出世させた石段ということでこの名で呼ばれるようになりました。

 

この石段は上るのも大変ですが、降りる際には下が見えてしまうのでもっと大変です。鎖や手すりをしっかりと握って、絶対に足を滑らせないよう一段一段降りることになります。

「こんな石段を馬で上り下りしたなど作り話に違いない」と思ったら、明治以降成功事例が3件あるそうです。

明治15年・石川清馬(曲馬師)師匠が果たせなかった石段登頂に成功し、石川家は徳川慶喜から葵の紋の使用を許される。

大正14年・岩木利夫(参謀本部馬丁)引退する愛馬の最後の花道として挑戦したが、成功の報が後の昭和天皇の耳にも入り、その後も将校用の馬として使われ続けた。

昭和57年・渡辺隆馬(スタントマン)「史実に挑戦」という番組企画で挑戦し成功。

 

石段を上りきると一の鳥居があります。

f:id:minamimachida0706:20170831231839j:plain

このあたりではいつも息が上がっていますが、呼吸を整えて朱塗りの門をくぐります。

f:id:minamimachida0706:20170831231910j:plain

参道左手にある招き石です。撫でると福がつくといいます。

f:id:minamimachida0706:20170831231941j:plain

愛宕神社の社殿です。

f:id:minamimachida0706:20170831232015j:plain

愛宕神社は徳川家康の命により1603年に創建されました。江戸に幕府を開いて街づくりを進めようとしていた家康は防火の神様として火の神様である火産霊命(ほむすびのみこと)を祀りました。現在では防火・防災の他に商売繁盛でも知られ、歩合給の営業マン当時の私も随分とお世話になりました。月の半ばになっても何の案件もなく困り果てた時はよくお参りに来ましたが、そうすると翌日に内容のいい反響を獲得したことが何回もあります。

 

末社の太郎坊者です。猿田彦神を祀っています。

f:id:minamimachida0706:20170831232052j:plain

末社の福寿稲荷社です。宇迦御魂神を祀っています。

f:id:minamimachida0706:20170831232150j:plain

末社の弁財天社です。市杵島姫命を祀っています。

f:id:minamimachida0706:20170831232230j:plain

江戸時代、曲垣平九郎が将軍徳川家光に献上したと言われる将軍梅です。

f:id:minamimachida0706:20170831232258j:plain

境内には大きな池もあります。

f:id:minamimachida0706:20170831232329j:plain

愛宕神社が23区内で一番高い山であることを証明する三角点です。

f:id:minamimachida0706:20170831232401j:plain

神社に隣接して放送博物館があります。ここはNHK発祥の地でもあります。

f:id:minamimachida0706:20170831232453j:plain

電波を遠くまで飛ばすためには高い所から送信することが必要です。NHKの前身の社団法人東京放送局(JOAK)は、23区内で最も高いこの愛宕山に放送局を置き、1925年7月の本放送開始から1938年までここから電波を発信しました。

 

さて出世の石段を上ってため込んだパワーはそのまま維持したいものです。帰りに同じ石段を下りるとその分だけパワーを放出してしまい、プラスマイナスゼロになってしまいます。出世の石段は男坂とも呼ばれていて、その隣には多少傾斜の緩い女坂もあります。

f:id:minamimachida0706:20170831232526j:plain

ため込んだパワーを逃がさないよう、最近は帰りはこちらを利用するようにしています。

 

階段を下りてふと横を見ると「愛宕地名存続記念碑」というものがありました。

f:id:minamimachida0706:20170831232602j:plain

いろいろ調べてもはっきりとした記述は見つかりませんでしたが、どうも「西新橋〇丁目」という地名になりかけたようです。地名というものの価値を理解できない役人どもの発想の貧しさにはあきれます。以前にも書きましたが平成の大合併で雨後のタケノコのように出てきた新しい地名にはけったいなもの、味気ないもの等が多々あり嫌悪感すら覚えます。「愛宕」のような由緒ある地名は大切にしなければなりません。

 

御朱印は授与所で頂けます。

f:id:minamimachida0706:20170831233236j:plain

シンプルな中に美しさもある御朱印を頂きました。

 

◆石段を下りてすぐの所のある「港屋」の記事

www.goshuinbukuro.com