酒と車と御朱印の日々

心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!信じる者は救われる!

バランタインファイネストはトワイスアップで飲むのが最も旨い

バランタインはスコッチウィスキーとしてはジョニーウォーカーと並び世界の人気を二分するメジャーなブランドです。

ブレンド技術の向上で王室御用達

バランタインの創業者であるジョージ・バランタインは1827年に食料品店を開業しますが、これがバランタイン社の前身になります。スコットランドがイングランドに統合されて以来ウィスキーに重税がかけられるようになり、製造業者は山奥に隠れて密造するようになっていたのですが、ちょうどこの時代は税金問題が解決して正式な認可を受けた蒸留所が次々オープンしていた時代でした。


1853年にジョージの友人であるアンドリュー・アッシャーが世界初のブレンデッドウィスキーを開発すると、それに刺激を受けてジョージはブレンド技術を高めるために苦闘しました。1+1が3にも4にもなるように、複数の原酒を混ぜることにより個々の原酒を上回るような味わいになることを目指したのです。
ブレンド技術の向上とともにバランタインの名声は高まり、1895年にヴィクトリア女王から英国王室御用達の名誉も受けることとなりました。そして1910年に発表されたのがバランタインファイネストです。

ボトルの紋章に込められた意味

f:id:minamimachida0706:20170323224233j:plain

ボトルに貼られた紋章の中心部分の盾が4分割されてそれぞれ違う模様が描かれていますが、これはウィスキーの4大要素が描かれたものです。左上が大麦、左下が蒸留のためのポットスチル、右上が清流、右下が樽を表しています。

f:id:minamimachida0706:20170323224339j:plain

バランタインファイネストはシリーズで最もベーシックな位置づけですので1本1000円ちょっとで大抵の酒屋で購入することができます。私がこれまで最も飲んできたウィスキーだと思います。

ストレート

f:id:minamimachida0706:20171116182842j:plain

とんがった所がなく、スコッチのストレートらしからぬものがあります。滑らかであり、アルコールによるピリピリ感もあまりありません。しかし飲み込むと喉が熱くなります。

ロック

f:id:minamimachida0706:20171116183123j:plain

さらりとしていてすっきり爽やかな味ですが、太さも感じられます。

水割り

ついで水で割ってみます。

f:id:minamimachida0706:20171116183446j:plain

合わせる水は秩父山系の天然水です。

トワイスアップ

f:id:minamimachida0706:20171116183713j:plain

1対1で氷を入れないトワイスアップです。水で割った分さらにサラサラになりました。口の中全体で甘さを感じることになり、香りが充満します。爽やかでありながらコクもあります。一方でスコッチウィスキー特有のスモーキーさや変なクセといったものはありません。

 ハーフロック

f:id:minamimachida0706:20171116183840j:plain

氷で冷やしたらコクが無くなりました。さらりとし過ぎていて何の個性も感じられません。少し爽やかすぎるようです。


私は通常スコッチはトワイスアップ、ジャパニーズウィスキーはハーフロックで飲んでいますが、バランタインファイネストもトワイスアップがいいと思いました。

 

◆ワンランク上の酒も飲んでみようという記事

minamimachida0706.hatenablog.com

minamimachida0706.hatenablog.com

minamimachida0706.hatenablog.com

 未成年の飲酒は法律で禁じられています。健康のため飲み過ぎには注意しましょう。