酒とうどんと御朱印の日々

心願成就へ向け飲んですすってひたすら祈る!信じる者は救われる!

麺類

〖藤沢駅〗「大船軒」のかき揚げそばは甘いつゆとしなしなの天ぷらの取り合わせが最高

今回は東海道線藤沢駅のホームにある「大船軒」をご紹介します。鰺の押寿司で有名な大船軒は立ち食いそばでも知られており、独特の甘いつゆは数多くの熱狂的ファンを抱えています。「あじさい茶屋」と「濱そば」だらけになりつつある首都圏のJRにおいて、…

〖我孫子駅〗弥生軒の唐揚そばは唐揚がどんぶりを埋め尽くしていた

今回はJR常磐線我孫子駅のホームにある立ち食いそば屋「弥生軒」をご紹介します。巨大な唐揚で有名な店ですが、画家の山下清が働いたこともある店としても知られています。通常の4倍サイズの唐揚が2個トッピングされたそばは唐揚がどんぶりに蓋をしたよう…

〖乃木坂〗まる彦の「豚味噌らーめん」は食べても食べても肉が湧いてくる

今回は乃木坂らーめん東京食品まる彦の「豚味噌らーめん」をご紹介します。訪れるたびに新しい味わいのラーメンに出会える店ですが、今回も驚きの新メニューが待っていました。食べても食べてもドンブリから新たな肉が湧き出てくるようなラーメンは1200円と…

〖三ノ輪〗「トイ・ボックス」は濃厚でありながらすっきりとした味わいが特徴

今回は三ノ輪の「トイ・ボックス」をご紹介します。仕事や趣味で何度も訪れてきた街ですが、これまで一度も食事をしたことはありませんでした。そんな三ノ輪にミシュランでビブグルマンを獲得するようなラーメン屋があることを最近になって知り、さっそく行…

〖さがみ野〗「博多どんたく」のちゃんぽんは見た瞬間目を疑った

今回はさがみ野の「博多どんたく」をご紹介します。ネット上の記事でたまたま見つけた大盛ちゃんぽんが売りの店ですが、実際に目の当たりにすると一瞬目を疑いました。じっくり味わえたのは最初だけで途中からは完食のために必死にならざるを得ず、挑戦する…

〖スモジ〗ラーメン二郎相模大野店の最低限知っておくべき決まり事

今回はラーメン二郎相模大野店をご紹介します。二郎系の中でも超個性派の店として知られており、いかつい店主が仕切る面倒な店というのがもっぱらの評判です。しかし最低限の決まり事さえ知っていれば健康的なラーメンを食べることができる店で、決して怖い…

〖真っ赤〗セブン夏季限定「北極ラーメン」は一口目に必ずむせて汁をはね散らかすので要注意

今回はセブンイレブンから夏季限定で発売されている「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」をご紹介します。激辛ラーメンの名店「蒙古タンメン中本」の中でも一番辛い「北極ラーメン」を忠実に再現したもので、単なるカップ麺とあなどって食べると大変なことにな…

〖乃木坂〗まる彦の「マナツ」は斬新な味わいでたまげた

今回は乃木坂らーめん東京食品まる彦の「マナツ」をご紹介します。スープが濃厚な練りごまカレーとなっている超個性的なラーメンで、白米とのセットが実に斬新でたまげました。「マナツ」という名前の由来は意外なところにあったようです。 乃木坂46ファン…

〖完食〗ペヤング「超超超大盛GIGAMAX」は2142Kcalの重圧が半端なかった

今回は「ペヤングソース焼きそば超超超大盛GIGAMAX」をご紹介します。関東地方で6月18日に先行販売が開始され、特大の容器と2142Kcalを前面に出したインパクトのある包装が話題となっています。麺好きの私としても放っておけず今回挑戦してみ…

〖本厚木〗麺や食堂の中華そばは見た目は美しく味は力強い

今回は本厚木の「麺や食堂」をご紹介します。地元で長く定着した有名店で、食べログにおいて5年連続でベストラーメン賞を受賞し、現在も「ラーメン百名店」に選ばれるほどの店です。見た目が美しく力強い味わいに中華そばはそれはもう素晴らしいものでしたが…

〖東中野〗大盛軒の鉄板麺はガッツリと食べたいときは大いにおススメ

今回は東中野「大盛軒(おおもりけん)」の名物メニューである鉄板麺をご紹介します。昭和57年の開店時より続いている超人気メニューで、もはや東中野名物と呼んでもよいと思います。私は不動産の営業として東中野駅前の店舗に約一年間勤務したことがありま…

〖町田〗「しおらーめん進化」は「硬めでの注文はお断り」である

今回は町田の「町田汁場 しおらーめん進化」をご紹介します。東京にはラーメン激戦区と呼ばれる地域が数多くありますが、町田駅周辺はその中でも屈指の地域ではないかと思っています。小田急線とJR横浜線が交差した周辺に、地域に根付いた「地元の雄」といっ…

〖永福町〗大勝軒は優しいスープと大盛りの柔らかい麺が特色だった

今回は永福町の大勝軒をご紹介します。不動産の営業をしていた時代に近くをよく通っていたため存在自体はかなり以前から知っていましたが、大宮八幡宮のお参りで杉並を訪れるのに合わせて初めて入ってみました。 「大勝軒」といってもいろいろある 人形町系 …

〖金沢文庫〗「うめや」はスープも麺もしっかりとした味わいだった

今回は金沢文庫駅前の中華そば「うめや」をご紹介します。 「住みたい街」として意外に人気があった金沢文庫 金沢文庫は京急線を利用すれば品川から34分(ラッシュ時で45分前後)で到着できる場所に位置しています。以前不動産の営業をしていた時にお客様の…

〖西国分寺〗「らーめん熊祥」のラーメンはあっさり醤油味とツルツルの細麺がベストマッチだった

今回は西国分寺の「らーめん熊祥」(くまよし)をご紹介します。恋ヶ窪の熊野神社をお参りした後に立ち寄りました。 中央線では最も新しい西国分寺駅 地域の幹線道路が交差した「泉町」交差点 自販機が看板代りの「らーめん熊祥」 ツルツルの細麺が印象的な…

〖鎌倉〗西御門の千花庵は美味しいそばのお手本のような店だった

今回は鎌倉西御門の千花庵をご紹介します。 鎌倉で円覚寺、建長寺、東慶寺といった北鎌倉エリア、あるいは英勝寺、海蔵寺、浄光明寺といった扇ガ谷エリアから覚園寺、荏柄天神社、瑞泉寺といった二階堂エリアに移動する際は、いつも鶴岡八幡宮境内を横切って…

〖雪が谷大塚〗らぁめん葉月がこだわる「内モンゴル産のかん水」とは

今回は雪が谷大塚の「らぁめん葉月」をご紹介します。 らぁめん葉月は環状8号線と中原街道が交差する田園調布警察前交差点の近くに位置しており、御嶽神社から池上本門寺に移動する際に立ち寄りました。 事前に入手していた情報では結構な行列店のようであり…

〖向島〗すずめの御宿はそばも店構えもただ者じゃなかった

今回は向島の「向島七福すずめの御宿」をご紹介します。墨堤通りに面した三囲神社から100mほどの距離の、本当に閑静な住環境の中に位置しています。幹線道路からは一本入った路地であり、こんな場所に本当に行列ができるようなそば屋があるのか心配になりま…

〖戸隠そば〗「そばの実」は薬味の大根おろしが素晴らしかった

今回は戸隠そば「そばの実」をご紹介します。 そばの実は戸隠神社中社から奥社入口へ向かう車道が鏡池方向からの道と合流する場所にあります。昨年10月にも横を通りがかりましたが、ものすごい行列ができていたためにその時は断念しました。 急遽立ち寄るこ…

〖戸隠そば〗「うずら家」は最初から最後まで感じのいい店だった

今回は戸隠そばの名店として知られる「うずら家」をご紹介します。 戸隠神社中社のすぐ前にある行列店 うずら家は戸隠神社中社のすぐ前という絶好の場所に位置しています。宝光社~火之御子社の雪道で完全に消耗してしまい、フラフラになって中社にたどり着…

〖佐野厄除け大師〗佐野ラーメン「くにや」は春から縁起が良いと思う味だった

今回は佐野ラーメンの「くにや」をご紹介します。初詣で佐野厄除け大師にお参りした際に行ってきました。 佐野ラーメンとは 洋食器産業の工員のための出前に適したラーメンとして開発されたのが新潟の燕三条ラーメンですが、佐野ラーメンの歴史においては繊…

〖町田〗81番の塩ラーメンは干貝柱の風味がプンプンしていた

今回は町田の「81番」をご紹介します。以前ネットで紹介されている記事を読んだことがあり、それ以来気になる存在となっていました。町田で最もマニアックな空間である町田仲見世商店街の中に位置しており、貝柱の風味がプンプンしている塩ラーメンを味わう…

〖渋谷〗「俺流塩ラーメン」の「俺流熟成塩ラーメン」は見た目が衝撃的だった

今回は「俺流塩ラーメン」の「俺流熟成塩ラーメン」をご紹介します。塩ラーメンとはとても思えぬ衝撃的な見た目と意外な味わいに大いに驚かされたラーメンです。 東急文化会館の三省堂書店、東急プラザの紀伊国屋書店に続きブックファースト渋谷文化村通り店…

〖中華街〗梅蘭焼きそばはカリカリの麺にあんが詰まっている

今回は横浜中華街「梅蘭」の名物料理である梅蘭焼きそばをご紹介します。 横浜の中華街は日本最大であり東アジアでも最大の中華街です。 幕末に日本が開国すると欧米人だけでなく中国から貿易商も多数来日し、外国人居留地の一角に関帝廟、中華会館、中華学…

〖長野駅前〗「らぁめんみそ屋」はパンチの効いた味噌の風味が印象的だった

今回は長野駅前の「らぁめんみそ家」をご紹介します。先日1泊2日で長野を旅行しましたが、初日の夕食でたまたま入って気に入ってしまい、長野を離れる直前の夕食でも再度入った店です。長野といえばやはり信州そばというイメージがどうしても強いのですが…

〖稲荷町〗「稲荷屋」は店構えと違って大変に上品なラーメンだった

今回は稲荷町の「稲荷屋」をご紹介します。 かっぱ橋道具まつりに行くにあたって上野~浅草エリアのうどん屋を調べてみたのですが、美味しい店という事になるとどうやら根岸あたりまで行かなければならないようです。(以前ご紹介した「根の津」以外にもう一…

〖レトロ感〗「夜鳴き軒」のこってりラーメンは天下一品より私好みだった

今回は淵野辺の「夜鳴き軒」をご紹介します。国道16号線沿いにある店ですが、昭和レトロな空間の演出に徹底的にこだわっています。こちらのこってりラーメンはあの天下一品よりも私好みでした。 国道16号線沿いで異彩を放っていた 店の内外でレトロ感を演出…

〖新宿〗「つけめんTETSU」の焼き石はスープを香ばしくする

今回は新宿京王モールの「つけめんTETSU」をご紹介します。 茹で上げた麺を冷水で締め、別の器に注いだ熱いスープに一口分ずつ漬けながら食べるつけ麺というスタイルは昭和30年に中野の大勝軒で山岸一雄氏が開発したといわれています。 その後何回かつ…

〖西新橋〗港屋の「温かい鶏そば」は黒胡椒が効いたスパイシーな味わいだった

今回は西新橋「港屋」の「温かい鶏そば」をご紹介します。港屋のメニューとしては「冷たい肉そば」と「温かい鶏そば」が2枚看板となっていますが、今回、港屋に通うようになって13年目にして初めて「温かい鶏そば」に挑戦してみました。黒胡椒が効いたスパイ…

〖歌舞伎町〗「天下一品」のこってりは以前と同じく美味かった

今回は久しぶりに食べた天下一品のこってりをご紹介します。 先日花園神社をお参りしてから久しぶりに歌舞伎町を歩いておりました。ネットで情報を入手したとある中華料理店が目当てだったのですが、昔と比べて歌舞伎町があまりにも姿を変えてしまったため店…