酒とうどんと御朱印の日々

心願成就へ向け飲んですすってひたすら祈る!信じる者は救われる!

書評

〖書評〗「100年マンション」深入りを避けていたものを目の前に突き付けられた

今回は株式会社さくら事務所より献本していただいた長嶋修著「100年マンション」をご紹介します。今後の日本で予想される社会情勢に中でマンションの資産価値を維持するための方法が書かれていますが、深入りを避けていたものをいきなり目の前に突き付けられ…

〖書評〗「モッキンポット師の後始末」乃木坂文庫で前月比49433%

今回は井上ひさし著「モッキンポット師の後始末」をご紹介します。今年創刊46周年を迎えた講談社文庫が46という数字のつながりで乃木坂46とコラボした「乃木坂文庫」の企画に乗っかり、衛藤美彩がカバーに起用されているという理由だけで購入しました…

〖書評〗「生きることは愛すること」講談社文庫の企画に乗っかってみた

今回は瀬戸内寂聴著「生きることは愛すること」をご紹介します。寂聴氏の本はこれまで読んだことがなかったのですが、意外なきっかけで今回手にすることとなりました。 講談社文庫創刊46周年記念で乃木坂46とのコラボ 今年創刊46周年を迎えた講談社文…

【書評】「編集手帳」の文章術 言葉を吟味する感性の鋭さには憧れるしかない

御朱印を頂きに各地の寺院や神社をお参りしておりますが、車に乗りまくっていた初期の頃に比べて最近は電車やバスといった公共交通機関を極力利用するようにしています。特に青春18きっぷや高速バスを利用して遠方に行く場合は移動時間が長くなるため、車中…

【書評】「七帝柔道記」関係者しか知らなかったほぼ寝技だけの柔道

日頃神社仏閣をまわって御朱印を頂いておりますが、御朱印と一緒に栞を頂けることがたびたびあります。 最近はまとまった本を読む時間が増えて頂いた栞も大活躍していますが、その中から特に印象に残ったものについて当ブログでご紹介したいと思います。 初…