酒と車と御朱印の日々

「毎日更新」心願成就へ向け飲んで走ってひたすら祈る!悲願は実現する!

湘南モノレールは下り区間が長い湘南江の島駅発の方が迫力がある

今回は湘南モノレールについて書きたいと思います。 湘南エリアの一大観光スポットである江ノ島への足としては江ノ電と小田急江ノ島線ばかりが脚光を浴びていますが、実はそれ以外に湘南モノレールがあることは意外と注目されていないのではないでしょうか。…

【御朱印】来宮神社は高級ホテルの日本庭園のような空間だった

今回は熱海の来宮神社の御朱印をご紹介します。 焼津千手大観音で7冊目の御朱印帳がスタートしましたが、せっかく静岡県に進出したのですから焼津だけで帰るのはあまりにも芸がありません。東海道線は必ず熱海で乗り換えがあります。そこで以前からいつかは…

【御朱印】焼津千手大観音には日本一の高さの千手観音がある

今回は焼津千手大観音として知られる大覺寺全珠院の御朱印と御朱印帳をご紹介します。 前回お参りした放生寺で中尊寺金色堂からスタートした6冊目の御朱印帳が表裏共に完全に埋まり、7冊目をどこの御朱印帳にするか悩んでいました。御朱印帳の選び方について…

粗末に扱うと祟られる。「将門の首塚」に現代も残る強烈な怨念

今回は平将門の首塚をご紹介します。 大手町の超近代的高層ビル群の中で新たに地上40階、高さ200mのビル工事が進行中ですが、その建設現場の一角にうっそうと木が繁る空間が食い込んで区画が凹型になっています。これさえなければ綺麗な地型になるのですか…

【御朱印】放生寺も冬至に「一陽来福」札の授与を行っている

今回は早稲田の放生寺のご朱印をご紹介します。 放生寺は1642年に良昌浄人が穴八幡宮の創建に尽力し、その別当寺(神社を管理するための寺)として隣地に創建された寺院です。 穴八幡宮から早稲田大学側の階段を下りると放生寺への坂道が延びていました。 向…

神保町はマニアを喜ばせる街であり続けてほしい

田園都市線ユーザーである私はお茶の水に出ることがあると、神保町で半蔵門線に乗るべく「駿河台下」交差点まで歩くのが常になっています。 ここは有名な三省堂本店や世界屈指の古書店街が立ち並ぶ本の街であり、都内屈指のラーメン激戦地であり、さらにはカ…

【御朱印】金欠の人は冬至に穴八幡宮をお参りするといい

今回は早稲田の穴八幡宮の御朱印をご紹介します。 穴八幡宮は当初の予定にはなく、本来別のお寺のお参りが目的で早稲田に来たのですが、そちらにはあいにくどなたもいらっしゃらなかったので、急遽予定を変更してお向かいにあった穴八幡宮をお参りすることに…

根津神社門前の「根の津」では極上のうどんが食べられる

今回は根津の讃岐うどん「根の津」をご紹介します。 根津周辺に美味しいうどん屋があるという情報は以前から小耳にはさんでいました。どうやら行列のできる店らしいのですが、それ以上詳しく調べるということもないまま放置しているうち、情報は完全に頭の片…

〖御朱印〗根津神社は300年前の姿をそのまま残す奇跡の空間だった

金町、亀有と千代田線・常磐線各駅停車沿線の第三弾として根津と千駄木の間にある根津神社の御朱印をご紹介します。 東京十社に数えられる神社をお参りするのはこれで六社目ですが、これまでの五社よりも荘厳な空気に満ちており、お参りしている人の姿もより…

モデルルームには「買います」と言わせるための仕掛けが幾つも隠れている

マンションというものは人生でそう何回もない大きな買い物です。何しろ数千万円という金額であり、大抵の方は何十年という長期のローンを組むことになります。これを決断するのは容易なことではありません。いつかは買わなければならないという事は分かって…

長野までの足として高速バスの昼行便は大いにありだった

伊勢神宮や中尊寺といった遠隔地にお参りに行く際に夜行高速バスを利用しましたが、それ以来バスの旅というものの料金の安さには大いに魅力を感じていました。自家用車で高速道路を長距離走れば高速料金やガソリン代でアホみたいに金がかかるのに対し、何と…

【御朱印】亀有香取神社の鳥居に控えていたのは狛亀だった

今回は亀戸の亀戸香取神社の御朱印をご紹介します。 「香取」を社名に持つ神社は関東地方を中心に全国に点在していますが、そのほとんどが千葉県の香取神宮を総本社として勧請し、創建されたものです。 亀有香取神社の鎮座するこの地は神社が創建された1276…

新築マンションでモデルルームによる青田売りがなくならない訳

新築マンションの購入を検討する場合、ほとんどの場合建設地の近隣に設けられたモデルルームを訪れることになると思います。大抵の場合マンションはまだ未完成の状態であるため、一生の内そう何回もあるわけではない重要な買い物であるにも関わらず実物を見…

〖御朱印〗柴又帝釈天は彫刻と庭園と名水の寺だった

本日は柴又帝釈天として知られている経栄山題経寺の御朱印をご紹介します。 柴又帝釈天は山田洋二監督・渥美清主演の「男はつらいよ」シリーズの舞台としてあまりにも有名になりましたが、実際に訪れてみると彫刻や庭園の寺と言ってもよく、また名水が湧き出…

グランベリーモール建替工事の進捗状況⑤(平成29年8月)

東急田園都市線南町田駅前のショッピングモール「グランベリーモール」の建て替え及び周辺地域の再開発事業の進捗状況です。 前回よりも一気に掘り進み、地盤面が大幅に低くなったようです。また南町田駅改良工事も本格化してきました。 まずは駅前地区です…

「パイナップルの漬け込みウィスキー」は香りがたまらない

いよいよ8月に入りました。昨年の8月15日、出雲大社相模分祠に向かう電車の中で発作的に思いついて開設した当ブログもそろそろ1年を迎えようとしています。 今年は夏らしいスカッと晴れ渡った夏らしい日がほとんどなく、ただただ蒸し暑い日々が続いています…

【御朱印】鵠沼伏見稲荷神社の「アイスラッガー守り」はご利益万能だった

今回は湘南エリアの中心である鵠沼海岸の近くに鎮座する鵠沼伏見稲荷神社の御朱印をご紹介します。 鵠沼伏見稲荷神社は箱根駅伝のコースでもある湘南新道から分岐し、海岸沿いを走る国道134号線まで結んでいる鵠沼新道に面しています。小田急江ノ島殿の鵠沼…

ジム・ビームはロックで飲むに限る

今回はバーボンウィスキーのジム・ビームをご紹介します。 世界で最も飲まれているバーボンとして知られるジム・ビームは、ドイツから移住した一族により7代にわたり造られているものです。 1740年に移民としてケンタッキーに移り住んだボーム家は、後に名前…

【御朱印】皇大神宮(藤沢)で御朱印を頂く際は事前に財布の中身をチェックすること

今回は藤沢の皇大神宮の御朱印をご紹介します。 皇大神宮といえば伊勢神宮内宮のことであり、藤沢という郊外の地にある神社がそれを名乗る以上何か重大ないわれがあるに違いないと思ったのですが、特にこれといったものはありませんでした。天照大御神のこと…

藤沢の「白い惑星うどん粉星の王子」はうどんのコシのお手本だった

本日は藤沢の「白い惑星うどん粉星の王子」という何とも怪しい名前のうどん屋をご紹介します。ちなみに「うどんこほしのおうじ」ではなく「うどんこせいのおうじ」と読むようです。 御朱印集めであちこちの神社や寺院をまわりながら、併せて各地のうどんやラ…

【御朱印】白旗神社(藤沢)はあの義経を御祭神として祀っている

今回は藤沢の白旗神社の御朱印をご紹介します。 源義経ゆかりの地として満福寺や高館義経堂をこれまでご紹介してきましたが、その義経を御祭神として祀っているのが白旗神社です。 小田急江ノ島線に沿って南北に延びる国道467号線が藤沢バイパスと交差する場…

鎌倉ビールが常温で保存できない意外な理由

暑い日々が続いており、普段ウィスキーばかり飲んでいる私もビールを飲む機会が増えてきました。今回は鎌倉に行った際に、小町通りでソーセージとともに味わって気に入った「鎌倉ビール 星」をご紹介します。 小町通りの最も北寄りには「鎌倉十井」の一つで…

丸亀製麺の「旨辛肉つけうどん」にはずっしり感があった

今回は丸亀製麺の旨辛肉つけうどんをご紹介します。 神社やお寺をお参りして御朱印を頂きながら各地の美味しいうどんやラーメンを味わっています。最近は伊勢うどん、武蔵野うどん、盛岡じゃじゃ麺のようなご当地うどんを味わうことに熱中していて、しばらく…

インタホンの機能は驚くほど進化している

マンションの設備というものは竣工した時の時代背景によって変わってきます。私が現在住んでいるマンションは築15年になりますが、オートロック、テレビモニター付きインタホン、宅配ボックス、二重床・二重天井、床暖房といった現在のマンションにおいて最…

【御朱印】五所神社(鎌倉)は適当さが逆にいい感じを出している

今回は鎌倉の材木座にある五所神社の御朱印をご紹介します。 五所神社と名の付く神社は鎌倉の他に山形、湯河原、千葉、大分とあるようですが、全て五柱の神様を祀ることから名付けられたようです。 明治41年7月に乱橋村と材木座村が合併したとき、乱橋(み…

【御朱印】満福寺は頼朝と義経の最初の攻防の地だった

今回は腰越の満福寺の御朱印をご紹介します。 こちらをお参りして御朱印を頂いたのは当ブログを立ち上げる直前の昨年8月でした。いつかご紹介しようと思っていたのですが、昨日同じ腰越の小動寺をご紹介しましたので、今日がちょうどいいタイミングだと思い…

【御朱印】スサノオを祀る小動神社は津波に強そうな立地だった

今回は腰越の小動岬に鎮座する小動神社(こゆるぎじんじゃ)の御朱印をご紹介します。 腰越は京都から鎌倉入りする際の重要なルート上にあることから、古来より宿場町として栄えた街です。1185年に源平合戦において活躍した源義経は、念願の平家討滅を成し遂…

「認知症でも運転できる」って何考えてんだ

あちこちで書いている記事のネタ探しのため、ネットのニュースはなるべく隅々まで見るようにしているのですが、最近最も驚いたのはYAHOOニュースにもはてなブックマークにも載っていた「『認知症でも運転できる』改正道交法に当事者や医師ら」という記…

大涌谷に車で行くにはそれなりの覚悟が必要な理由

火山活動によって立ち入り禁止となっていた大涌谷が、2016年7月より一部のエリアを除いて規制解除となり、一部区間のみの運行となっていた箱根ロープウェーも全線運行を再開しました。これにより大涌谷の景観を再び楽しめるようになったということで、どうも…

【御朱印】癌封じの上行寺は何とも不思議な外観の寺院だった

今回は鎌倉の癌封じの寺として知られる上行寺の超個性的な御朱印をご紹介します。 以前妙本寺から光明寺まで大町・材木座エリアの寺社をまわった際、八雲神社から安養院に向かう途中道路の反対側にかなり異質な寺院を発見して何となく気になっていました。 …

【御朱印】光則寺は花と土牢で有名だった

今回は長谷の光則寺の御朱印をご紹介します。 光則寺は1274年に創建された日蓮宗の寺院で、東慶寺や寶戒寺と並び鎌倉でも有数の花寺です。 あじさいの時期に明月院や長谷寺に行くとどういうことになるか昨年痛烈に思い知らされたため、今回「あじさいの超穴…

「鎌倉美水」の神楽うどんは暑くて食欲がなくても何杯でも食べられる

今回は鎌倉最大の繁華街である小町通りに位置する「鎌倉美水(かまくらみすい)」をご紹介します。 小町通りは鎌倉駅東口を出てすぐの所から若宮大路と平行に「鉄の井」まで延びている道です。 グルメ・ショッピング・アートの各分野で洗練されたおしゃれな…

【御朱印】於菊稲荷神社という名前は大変に美しい逸話に由来する

今回は高崎市の市街地に位置する於菊稲荷神社の見開き御朱印をご紹介します。 於菊稲荷神社は高崎線の高崎駅から二駅の新町駅の近くに位置しており、この場所は中山道で江戸から数えて11番目の宿場町でした。中山道の全69の宿場の中で最も新しく成立した街で…

「水沢うどん」というブランドは相当に強力なものだった

先日御朱印を頂きに群馬県の榛名神社と水沢観音をまわってきました。天気予報ではこの日の関東地方は北部山沿いで夕方から雷雨の発生が予想されており、榛名山や水沢山といったエリアからはできるだけ早く脱出する必要がありました。しかしその前にどうして…

〖御朱印〗水沢観音は伊香保姫を窮地から救った女性の味方である

本日は榛名神社の次にお参りした水沢観音として知られる水澤寺の御朱印をご紹介します。 水沢観音をお参りしたこの日は朝から晴れていたものの、天気予報によると北部山沿いは夕方から雷雨の発生が予想されていました。榛名山から伊香保にかけては面白そうな…

〖御朱印〗榛名神社にお参りするなら大修理前の今しかない

今回は群馬最強のパワースポットと呼ばれている榛名神社の御朱印をご紹介します。 榛名神社は赤城山、妙義山と並んで上毛三山と呼ばれる榛名山の南西麓に位置しています。586年に創建したと伝えられ、927年にまとめられた全国の主要な神社一覧である「延喜式…

「大和トンネル拡がります」って一体どうやって?

大和トンネルは東名高速の横浜町田ICと厚木ICの間にあるトンネルで、全長280mしかないにもかかわらず日本を代表する渋滞ポイントとして知られています。 国土交通省が公表した集計(2016年度速報値)によれば、全国の高速道路における渋滞ワースト3が実質的に…

老舗の八百屋が始めた「太常うどん」は野菜の天ぷらが抜群に美味い

築地の波除神社をお参りした後、銀座7丁目にある太常うどん銀座本店で昼食をとりました。 まだ梅雨が明けていないにもかかわらず東京は連日真夏のような暑さが続いています。例年でしたら蒸し蒸しするような暑さとなるところですが、今年は暑さの質が例年と…

【御朱印】波除神社の境内に牛丼の吉野家が石碑を立てた理由とは?

現在東京が抱えている最大の問題がオリンピックと築地市場の豊洲移転ですが、本日はその築地市場の真横に位置している波除神社の御朱印をご紹介します。 「築地」という言葉はもともと埋め立て地を意味する言葉で、明暦の大火により焼失した西本願寺の代替地…

盛岡じゃじゃ麺を美味しく食べるには3回通わなくてはならない

平泉の強行軍の締めくくりとして今回は盛岡じゃじゃ麺「HOTjaja」をご紹介します。 達谷窟毘沙門堂のお参りを終えたので平泉での御朱印集めを打ち上げて盛岡に戻ったのですが、想定外のことが重なって盛岡到着が18時を過ぎてしまいました。この時間では…

【御朱印】達谷窟毘沙門堂は「清水の舞台」を模して造られている

今回は達谷窟毘沙門天(たっこくのいわやびしゃもんてん)の御朱印をご紹介します。 往復夜行バスを利用した強行軍も中尊寺、高館義経堂、毛越寺と平泉駅周辺の三カ所をまわり、あとは平泉におけるゴールに設定していた達谷窟毘沙門天を残すのみとなりました…

【御朱印】世界遺産の毛越寺には極楽を再現しようとした奥州藤原氏の執念が残っていた

平泉往復夜行バスの強行軍も中尊寺、高館義経堂とまわり、今度は毛越寺を目指すため一旦平泉駅に戻ってきました。この時点で時刻は⒓時半くらいだったと思います。 その次に予定していた達谷窟毘沙門堂(たっこくのいわやびしゃもんどう)へ向かうにはバスを…

【御朱印】高舘義経堂では芭蕉も涙した美しい眺望を堪能できる

中尊寺のお参りを終えた後、徒歩10数分の距離にある高館義経堂(たかだちぎけいどう)に向かいました。高館義経堂は源義経終焉の地として知られています。(地図右下の赤線を引いた場所) 日本史上の登場人物で人気投票をすれば義経は間違いなくベスト5に入…

〖御朱印〗中尊寺に12か所ある御朱印所の正しいまわり方

今回は国宝の金色堂で有名な中尊寺とその御朱印をご紹介します。 中尊寺では12カ所で全13体の御朱印を頂くことが出来ます。御朱印を頂けるお堂と頂けないお堂、手書きのお堂と書置きのお堂、金色堂で見開き御朱印が頂ける場合と頂けない場合等々、中尊寺なら…

グランベリーモール建替工事の進捗状況④(平成29年7月)

東急田園都市線南町田駅前のショッピングモール「グランベリーモール」の建て替え及び周辺地域の再開発事業の進捗状況です。 更地化が完了した状態だった前回と比べると激しく掘り返し始めたようです。 東急ストア跡地です。 コンビニや郵便局、ATM、中華バ…

伊勢角屋麦酒を飲んで「街の酒屋さんを守る国会議員の会」について考えた

今回は久しぶりのビールネタで、伊勢神宮をお参りした時に土産で購入した伊勢角屋麦酒のブラウンエールをご紹介します。 伊勢角屋麦酒は伊勢神宮内宮門前のおはらい町通りの目立つ場所に出店している地ビールの店です。 「カキフライ串」で知られています。 …

三軒茶屋の三角地帯はマニアックだが魅力的な空間である

先日三軒茶屋の武蔵野うどん「じんこ」をご紹介しましたが、この店が立地している「三角地帯」といわれる場所はそのままスルーしてしまうにはあまりに惜しいマニアックな場所です。そのため今回改めてご紹介したいと思います。 神奈川県の大山は雨乞いに霊験…

フォアローゼスは飲み方を変えると全く違う味わいになる

当ブログのウィスキーネタではこれまでスコッチ、ジャパニーズ、アイリッシュとご紹介してきましたが、今回は初のバーボンウィスキーとしてフォアローゼスをご紹介します。 バーボンウィスキーはアメリカのケンタッキー州を中心として製造されているトウモロ…

三茶三角地帯に位置する「じんこ」で本格的武蔵野うどんを満喫した

今回は三軒茶屋の三角地帯の中に店を構える武蔵野うどんの「じんこ」をご紹介します。 日本全国に「ご当地うどん」は数多くありますが、東京の西部から埼玉にかけての武蔵野台地で広く食べられているのが「武蔵のうどん」です。 これらの地域はもともとは関…

【御朱印】鳩森八幡神社の御朱印は富士塚の登頂証明でもある

富士山信仰に基づき富士山に模して造られた富士塚は数多くありますが、現存する都内で最古の富士塚がある千駄ヶ谷の鳩森八幡神社を本日はご紹介します。 東京メトロ副都心線の北参道駅で下車し、オフィス街なのか住宅街なのかよくわからない何とも微妙な街並…